箱いっぱいのみかんを長持ちさせる

段ボール箱いっぱいのおいしそうなみかん! おいしいうちに全部食べきれるでしょうか?

 

箱いっぱいのみかん、全部おいしく食べ切れますか?

冬になると自宅に箱いっぱいのみかんをもらったり、自宅用に買ってきたりすることが増えますね。家族の人数が多い家や、みかんが大好きな人なら問題なく食べきれるでしょうが、食べ切れなくて困っているという声もよく聞きます。せっかくの旬のおいしいみかん、おいしく保存して長く楽しみたいものですね。

箱みかんを保存するポイントは4つ。

「涼しいところで保存」 「たくさん重ねない」 「ほどよく空気を通す」 「カビが出たらすぐ取り出す」 

1-2週間ほどで食べきれればいいのですが、上手に保存すればその倍ほどもちます。ここでは、みかんをおいしいまま長持ちさせるコツについて解説していこうと思います。


涼しいところで保存

小分けみかん

小分けにして冷蔵庫へ

みかんは3-5℃の環境で保存するのがベストです。室内なら、暖房のない涼しいところで保存。室外なら、直射日光を避けて、風通しのよいところに置きます。

冷蔵庫にスペースがある場合は、5-6個の小分けにしたみかんをビニール袋に入れて保存しても◎。


みかんを重ねないようにして、換気よく!

かごみかん

箱の1/3を取り出してかごなどに出して

箱の中のみかんは何個も重なった状態にあります。そのままにしておくと、下のみかんにどんどん圧がかかって傷んでしまいます。なので、箱からみかんを1/3ほど取り除いて、そのみかんから食べるようにしましょう。


みかんの産地では、みかんを保存するみかん蔵の窓を開けたり、閉めたりと換気に大変気を使っています。なので、箱のみかんも密閉しないことが大事。みかん箱はフタは開けて、その上に新聞紙をのせて乾燥から守ります。

また、余裕があれば一日ごとにみかん箱の天地をひっくり返して、下のみかんばかりに圧がかからないようにしたり、箱の下にあるみかんから食べるようにしたりしてもよいでしょう。

青カビへの対処法と、みかんの活用レシピは次のページに>>