家庭で水耕栽培ができるLED器具

LED Farm Tree 3Pods

写真1. 「LED Farm Tree 3Pods」(左)など。東京照明デザイン展での様子

この製品は植物の育成に必要なコントロールされた光質の LEDを使用し、室内でも野菜を作ることができます。製品名は 「LED Farm Tree 3Pods」 と言い、この製品の企画・開発、製造元は大阪に本社を構える八洲電業株式会社です。
このLED器具は海外の展示会にも出展しており注目を浴びてきました。この度の1月15日から東京の国際展示場で開催された東京照明デザイン展にも出展されていました。(写真1)

「LED Farm Tree 3Pods」は3つの鉢植えされた野菜を同時に育てることができ、植物工場の原理をそのまま家庭用水耕栽培セットにしてあります。

野菜の水耕栽培に必要な基本原理は次の5つの項目があります。
1、 水(水溶液)を適度に吸収し、水の汚れを防ぐ
2、 根が酸素を吸収しやすく、また根自体には光が当たらない
3、 適度な温度と湿度(およそ15~25℃)
4、 空気中の二酸化炭素
5、 適切な光(育苗に最適な白色と赤色光の混合で、発芽から苗の育成の過程で明るさを変化)

「LED Farm Tree 3Pods」は本体サイズが高さおよび幅が30cmで、中央の支柱に6WのLED照明を内蔵した傘(LEDライト)が3灯付いています。(写真2)
LED Farm Tree 3Pods

写真2. 「LED Farm Tree 3Pods」の製品写真


それぞれのLEDライトの下には苗トレイがあり、それらがビスによって高さの調整が可能になっています。(写真3)
仕組み

写真3. 発芽の際はLEDライトを下まで下げるなど、野菜の発育に合わせて調整できる


セットには付属品として苗カプセル容器と根に光が当たらないようにしたカバー、給水ひもがそれぞれ3ケ付いています。

また、おためしセットとしてロックウール、野菜の種子(EU委員会認定有機種子)、水養液の元(微粉)が2回分付いています。

次のページでは「野菜の育て方」についてご紹介します。