西オーストラリア州のエリアガイド

パース

世界で最も住みやすい都市の1つとして人気のパースは自然と都市とが調和された景観がきれい

オーストラリア大陸の西側、パースを州都とする、西オーストラリア州はオーストラリア本土の約3分の1を占めるほど大きく、オーストラリア最大の州です。エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが発表する、世界で最も住みやすい都市のランキングでは毎年ベスト10に入る、オーストラリアでも人気の都市の1つです。

パース市内の街並み、港町フリーマントル、南北に伸びる西海岸のビーチ、内陸のアウトバック、有名なワインの産地マーガレットリバーなど見どころは盛りだくさん。世界遺産も州内に2つ登録されています。にもかかわらず、東海岸のシドニーやメルボルン、ブリスベン、ケアンズなどと比べるとまだその魅力があまり知られていないのは否めません。

今回は広大な西オーストラリアの見どころをエリア別にご紹介します。西オーストラリアへの旅のプランの是非ご参考にしてください!
 

西オーストラリア州の気候

キングスパーク

パース市内の高台にあるキングスパーク。春のワイルドフラワーの時期には色とりどりの花が咲き乱れる

広大な西オーストラリア州はいくつかの気候帯があります。パースは地中海性気候で年間を通して温暖で6月~8月の冬を除けば晴天率も高く、アウトドアを中心としたアクティビティが1年中楽しめます。

12月~3月の夏の時期は日中の最高気温が30~32℃と高くなる一方、朝晩の最低気温は15~17℃と涼しいくらいで1日の気温差が大きいため、夏でも羽織るものと1着持っていくと便利です。9月~11月の春や4月~5月の秋の最高気温は20~25℃と過ごしやすいですが、最低気温は10℃前後と少し肌寒いので、朝晩には暖かい服を用意しておきましょう。6月~8月の冬は最高気温が18℃前後、最低気温が8℃前後と1年の中で最も多い降水量となりますので雨具の持参も忘れずに。
 

西オーストラリア州のアクセス

パース国際空港

パース市内から車で20分ほどに位置するパース国際空港、日本から周辺のアジアの都市を経由して入る

西オーストラリア州の玄関口は州都にあるパース国際空港。2011年以降直行便の運航がなく、アジア諸国を経由しなくてはいけないという不便を強いられていたパースに2019年9月1日、待望の直行便が就航しました。ANAによる成田=パース直行便の就航です。これによりフライト時間が大幅に短縮され、パースまでの旅が身近になりました!
詳しくは別記事「西オーストラリア州パースへの直行便が新規就航」をご覧ください。