Facebookは英語学習の宝庫

みなさんはFacebookを利用していらっしゃいますか? 特定のページを閲覧するために使用している方や、ご自分の情報をご友人と共有していらっしゃる方もいると思います。実は、Facebookには英語学習へのヒントがたくさん詰まっています。英語関連のFacebookページは多種多様ですから、きっとご自分が「いいね!」を押したくなるファンページが見つかると思います。実在するファンページをご紹介しながら、英語学習への活用方法を考えていきましょう。


Facebookの利点

なんと言っても、気に入った投稿に対して、自分から積極的に「いいね!(Like)」を押したり、コメント出来たりする点です。また、世界中から寄せられる英語のコメントを辞書を引きながら読んだり、ご自分でも書いたりする楽しさがあります。もしかしたら、あなたの書いたコメントに対してコメントがあったり、お返事があったりするかもしれませんよ!

近年は、英語を「話す」ことに注目が集まっていますが、外国語として英語を習得する私達にとって、「読む」ことはとても大切な基礎練習です。読めないものは当然聞き取ることも話すことも叶いません。身近な「生きた教材」に大いに触れて、英語の基礎体力を上げて行きましょう!


世界的なニュースチャンネルのFacebookページ

それではまず、更新頻度も多くて文法的にも正確な英語に触れることの出来る世界的ニュースチャンネルのFacebookページをご紹介しましょう。

BBCや、CNNのFacebookページがあります。これを読むだけでも十分学べるのですが、投稿されたニュース記事に対して世界中からコメントが寄せられますので、それを読むのもとてもよい勉強になります。

また、日本発信の英語ニュースサイトとして、NHK Worldがお勧めです。日本のニュースなら既にある程度の情報や知識を持っていることが多いですから、ニュースの内容をつかみやすいことが利点です。さらに、日本のことを英語で説明する力がつくことや、外国人からの英語のコメントがたくさん寄せられるということもお勧めポイントです。

face

Facebookで世界と繋がろう!

NHK World
のある日の投稿を見てみましょう。

Half of all the homes in Japan have a pet. The Japanese pet industry generates sales of over 1 trillion yen per year, and it just keeps growing(NHK WorldのFacebookページより引用).

第1行目の英文では、Half of all the homes in Japan(日本の家庭の半数)がhave a pet(ペットを飼っている)とあります。みなさんはこの事実をご存知でしたか? 意外に自分の国や社会についても知らないことはあるものですよね。The Japanese pet industry (日本のペット産業)は年間売り上げが1trillion yen(1兆円)を超える勢いであることも書いてあります。

知らない単語が出てきても、文章とともに写真や映像が投稿されますので、それに助けられる場合があります。このように、未知の単語にあまりとらわれることなく全体の意味を推測しながら読んだり、反対に、辞書を引きながらじっくりと精読したり……。いろいろな読み方がありますので、ご自分にあった方法を探してみましょう。

次のページでは、著名人や英語学習に関連するFacebookページを見て行きましょう。