独自開発の技術でLEDチップの超長寿命化に成功

Jake Dyson

写真1.今回発売された「CSYS LED Light」のTALLタイプとJake Dyson氏


この度、Jake Dyson Products(以下、ジェイク ダイソン プロダクト)からLEDの照明器具が発売されました。Jake Dyson(以下、ジェイク・ダイソン)は日本でもその名が知られているルートサイクロン掃除機ダイソンの息子です。

遡ること2004年、気鋭のデザインスタジオが集まるロンドンのクラ―ケンウェル地区にジェイク ダイソン プロダクトが誕生しました。ジェイク・ダイソンは日常使いのプロダクトのクオリティを向上させるため、新たなアプローチが必要になると考えました。

ジェイク ダイソン プロダクトでは、外観の美しさのみではなく、いままで誰も提供したことのない画期的、かつ機能的なアイディアを探求していくことに焦点を充てた取り組みを行っています。

その結果生まれた商品が日本で人気の上記の掃除機や扇風機・温風機などです。

洗練された温度管理がLEDチップの超長寿命化に

CSYS LED light

写真2. 「CSYS LED Light」 TASKタイプ


さて、この度、日本でLEDライトを発売されるにあたって、11月28日ジェイク・ダイソン氏が直接関係者に説明するための発表会が東京・代官山で開催されました。(写真3)

展示会の様子

写真3. 製品発表会の様子

照明器具はCSYS LED Lightと称し(以下、シーシス、またはシ―シスLEDライト)、フロアスタンドと卓上スタンド、クランプ型があります。これらは最新の技術と流麗なデザインの調和によって誕生しました。

LEDチップはランプ、またはモジュール内の温度上昇が寿命や明るさに大きく影響されます。そのためジェイク ダイソン プロダクトは特有の洗練された温度管理でLEDチップの超長寿命化を計りました。

温度管理を行うヒートパイプの技術はLEDチップの性能を最善の状態で37年(または16万時間)以上も持続させることを可能にしたのです。

ヒートパイプ

写真4. 上:アーム部分に組み込まれたヒートパイプ
下:その熱画像

これは最強度の明るさで1日12時間続けて使用した際の換算に基づくもので、LEDモジュール内の接合部分が100℃であるという設定上、LEDメーカーが予測したライフスパンを基に計算されたものです。

アーム部分にヒートパイプが組み込まれており(写真4上)、室温よりわずか30°高い温度で動作し熱をむらなく放出します。(写真4下)

このような効果的な冷却により、シーシスはより低い温度を保つことでLEDチップの寿命をより長く延ばすことに成功したのです。

以上の様な温度管理と.革新的な構造、それにエレクトロニックスシステムが集結したデザインで、シーシスLEDライトは効率的で明るく暖かみのある光を生みだしています。


 
次のページでは「CSYS LED Lightの性能」についてご紹介します。