下記の解説は、既に配布が終了している仮想マシンを対象にしています。古い情報ですが、参考までに掲載しています。

仮想マシンでのトラブル解決方法2:仮想環境側で日本語の表示ができない場合

日本語が文字化けする

日本語が文字化けする

提供されている仮想マシンに入っているWindowsはすべて英語版です。Windows Vista以降であれば特に問題なく日本語のウェブサイトを表示できますが、Windows XPでは右図のように日本語は文字化けしてしまいます。下記の方法で日本語を表示可能にできます。

※右図では、テキストで記述されている日本語文字はすべて「□□」に化けてしまっています。


 

英語版Windows XPの仮想マシンを使って、日本語のウェブサイトを表示するには

日本語ページが文字化けしてしまう

日本語ページが文字化けしてしまう

英語版のWindowsでも「Windows Vista」以降であれば、日本語で書かれたウェブサイトも問題なく表示できます。しかし、「Windows XP」では、日本語文字のすべてが文字化けしてしまいます。その場合は、以下のように操作してみて下さい。
※もしIE8での表示確認が目的なのであれば、「IE8がインストールされたWindows XP」ではなく、「IE8がインストールされたWindows 7」の方の仮想マシンを使えば、何の手間も掛けずに日本語ページが表示可能です。


 
Windows XPのCD-ROMを用意できる場合
Control Panel

Control Panel

まず、「Start」ボタンをクリックしてスタートメニューを出し、右図のように「Control Panel」項目をクリックします。


 
East Asian languagesを入れる

East Asian languagesを入れる

Control Panelウインドウ内で、右図1のように「Regional and Language...」のアイコンをダブルクリックします。すると、右図2のように「Regional and Language Options」ダイアログが開きます。そこで、右図3のように「Languages」タブをクリックして、右図4のように「Install files for East Asian languages」項目にチェックを入れます。最後に、右図5の「Apply」ボタンをクリックして下さい。


 
Windows XPのCD-ROMの場所を指定

Windows XPのCD-ROMの場所を指定

すると、Windows XPのCD-ROMを挿入するよう求められます。お使いのPCの光ディスクドライブにWindows XPのCD-ROMを挿入して下さい。CDが使えない場合は、HDDやネットワーク上の場所を指定して続行することもできます。「i386」という名称のフォルダを指定して下さい。


 
ファイルのコピーが始まる

ファイルのコピーが始まる

無事に認識すると、右図のようにコピーが始まります。


 
特定のファイルがコピーできないエラー

特定のファイルがコピーできないエラー

途中で、右図のように「kbd106n.dllファイルが存在しない」というようなエラーが出る場合があります。

その場合は、まず右図1のように「Cancel」ボタンをクリックし、その後で表示される「Do you want to continue Setup without copying this file?」の質問で、右図2のように「Yes」をクリックして続行します。


 
Yesをクリックして再起動

Yesをクリックして再起動

最後に、右図のように「Do you want to restart your computer now?」と質問され、再起動を求めるダイアログが表示されますので、「Yes」をクリックします。すると、Windows XPが再起動します。

※仮想環境上のWindows XPが再起動するだけであって、ホスト側のOS(ここではWindows 7)が再起動するわけではありません。


 
日本語サイトも正しく表示される

日本語サイトも正しく表示される

以上の操作をした後に、再度IEを起動すれば、右図のように日本語サイトも問題なく表示されます。


 
Windows XPのCD-ROMを用意できない場合:
Fontsフォルダへ「msgothic.ttc」ファイルを入れる

Fontsフォルダへ「msgothic.ttc」ファイルを入れる

日本語用の標準フォント(ゴシック体のフォント)である「MS ゴシック」や「MS Pゴシック」の本体は、「msgothic.ttc」というファイル名のフォントです。このファイル(※)を、仮想マシン上のWindows XPの「C:\WINDOWS\Fonts」フォルダへ入れることでも、IE上で日本語の表示を可能にできます。

※今お使いのWindowsの「C:\WINDOWS\Fonts」フォルダからファイルを抜き出して下さい。


 
ウェブページ内の日本語は表示されるが、タイトルバーやタブ内の日本語は化ける

ウェブページ内の日本語は表示されるが、タイトルバーやタブ内の日本語は化ける

ただし、この方法では、「ウェブページの内部に表示される日本語文字」は問題なく表示できるものの、「ブラウザのタイトルバーやタブ内の日本語文字」は文字化けしてしまいます。

ウェブサイトの表示確認を行うだけなら、これでも特に支障はないでしょう。


 

複数の古いIEでも表示確認・動作確認ができる

今回は、Microsoftサイト内で配布されている仮想マシンイメージを使って、古いバージョンのIEやEdgeでウェブページの表示確認を行う方法をご紹介いたしました。ぜひ、活用してみて下さい。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。