基本のそぼろ丼

所要時間:30分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

基本のそぼろ丼のレシピ

彩り、味わい、食感。すべてのバランスが整った“そぼろ丼”は誰しもが好きな丼ぶりです。今回はごはんの進む“牛そぼろ”に、しっとりとした“炒り卵”を合わせ、仕上げにシャキシャキの絹さやを合わせ、3色のそぼろ丼に仕上げました。

基本のそぼろ丼の材料(2~3人分

牛そぼろの材料
牛ひき肉 200g
醤油 大さじ3
大さじ2
砂糖 大さじ2
生姜 ひとかけ(みじん切りにして大さじ1/2)
炒り卵の材料
3個
砂糖 大さじ1
みりん 小さじ2
小さじ2
ひとつまみ
一人当たりご飯200gと塩ゆでした絹さや4~5枚を仕上げに用意し、牛そぼろと炒り卵と合わせて丼ぶりにします。

基本のそぼろ丼の作り方・手順

そぼろ丼の作り方

1:鍋に材料をすべて合わせる

鍋に材料をすべて合わせる
牛ひき肉、調味料、生姜のみじん切りをすべて鍋に合わせ、調味料を溶かし混ぜます。

2:鍋を火にかける

鍋を火にかける
手に箸を4~5本持って、鍋を火にかけます。火加減は少し弱めの中火くらいで、箸で混ぜながら肉に火を通します。

3:汁気を飛ばす

汁気を飛ばす
箸で混ぜ続けると、肉がだまにならずに火が通ります。調味料や肉の水分が出てくるため、混ぜる手を少しゆるめ、出てきた汁気を飛ばします。

4:ポロポロになれば完成

ポロポロになれば完成
汁気がなくなって肉がポロポロになれば完成です。 粗熱が取れたら冷凍保存もできます(冷凍で約1か月の日持ち)。

炒り卵の作り方

5:鍋に卵と調味料をすべて合わせる

鍋に卵と調味料をすべて合わせる
鍋に卵とすべての調味料を合わせ、混ぜ溶かします。

6:箸で混ぜながら火を通す

箸で混ぜながら火を通す
牛そぼろと同じように、少し弱めの中火くらいの火加減で、手に箸を4~5本持って、混ぜながら卵に火を通します。

7:手を休めずに混ぜ続ける

手を休めずに混ぜ続ける
卵液は次第に半熟になっていきます。半熟になった頃から混ぜる手を少し早めます。

8:ポロポロになれば完成

ポロポロになれば完成
卵液がかたまり、ポロポロの状態になれば完成です。

そぼろ丼の作り方

9:ゆでた絹さやを合わせて丼ぶりに仕上げる

ゆでた絹さやを合わせて丼ぶりに仕上げる
絹さやは熱湯で色よく塩ゆでして冷水に取り、斜め薄切りにします。牛そぼろと炒り卵をたっぷりとごはんの上にのせ、シャキシャキの絹さやを合わせればそぼろ丼の出来上がりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

牛そぼろを鶏そぼろに変えてもいいですし、絹さやをいんげんやスナップえんどうなどに変えるなどしても美味しいです。