今度の年末年始は「おうちで英語漬け」!

年末年始は忙しい時期ですが、まとまった時間が取れる時期でもあります。正月太り防止も兼ねて、本気で取り組める課題を「おうちでゴロゴロ」の観点から考えてみました。


おうちでゴロゴロ派にお勧めの「DVDリスニング合宿」

王道はDVD鑑賞でしょうか。私が実際に試したことのある方法では、DVDの3度観がお勧めです。3回連続して観ますので、目も疲れて大変ではありますが、これはまとまったお休みの時にこそ出来るリスニング合宿です。


映画を選ぶときのコツ

1.好きな物語を選ぶ:3回も観るので、それに耐えうるものでないと挫折してしまいます。
movie

おうちで集中!



2.登場人物が多すぎないこと:人物名と顔とが一致しやすい方は心配する必要ありませんが、私のように、横文字の名前の記憶が苦手な方は気をつけましょう。

3.スラングの少ないものを選ぶ:スラングを身につけることが目的なら当然問題はありませんが、より汎用性の高い英語表現を見聞きした方が有効です。

4.自分の環境に近いものを選ぶ:ビジネス英語を身に付けたいなら企業を舞台にした物語、日常会話を身に付けたいならホームコメディーなど、出来るだけ自分が身に付けたい英語にたくさん触れられるものを選ぶと効率が良いです。

次に、DVDリスニング合宿の実践編です。どのように3回観て行くのでしょうか?


DVDリスニング合宿実践編

1回目:日本語字幕+英語音声

日本語字幕をしっかり読みながら、あらすじの理解に努めます。この段階では、あまり英語のことは心配せずに登場人物や背景などにも目を配りながら、物語自体を楽しみましょう。
tv

まずはあらすじから



2回目:英語字幕+日本語音声

2回目は、英語字幕を見ながら英文を読んでいきます。意味が多少不安でも、日本語の音声があるので、時々止めながら進みましょう。自分が気に入った台詞や言い回しを書き取っておくといいですよ!

3回目:英語字幕+英語音声

仕上げの段階です。あらすじは頭にしっかり入っていますし、気に入った台詞や言い回しはチェック済みです。最後は、リスニングを中心にしながら、字幕の英文を何度も繰り返して音読すると良いでしょう。


まとめ

いかがでしょうか? 3回も観るとかなり目が疲れますし、飽きて来ることもあると思います。また、全部の台詞を理解、音読しようとすると早い段階で挫折してしまいがちです。

例えば、10の台詞を暗誦してみる、新しい単語を含む言い回しを10文音読するなど、細かな目標を設定して取り組むのが効果的です。こうした取り組みを好きな映画を題材に重ねて行くと、何ヶ月かあるいは何年後かに、すべての台詞が聴き取れる日が来るのです。

わたしは、初めて観たある映画の台詞が3割くらいしかわからなかったことがありました。でも、時を経て5年ぶりくらいに観てみたら、すべて聞き取れるようになっていたという経験があります。

好きな映画を見つけて、年単位でとことん、じっくり取り組むという方法は、リスニングの総合学習の王道です。ぜひ、お試しください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。