クリスマスシーズンならではの料理やスイーツはぜひお試しあれ

グロギとヨウルトルットゥ

クリスマス・カフェの定番、ヨウルトルットゥ(クリスマスパイ)とグロギと呼ばれるホットドリンクの組み合わせ。グロギにもたっぷり入ったシナモンの香りは、フィンランドのクリスマスの象徴的な香り

フィンランドでは、早くも11月から徐々に、クリスマスを迎える準備を始めます。まずは職場や友達同士でピックヨウル(小さなクリスマス)という名前の忘年会のようなパーティを開いて、気分を高めることからスタート。街角では11月後半にイルミネーションの点灯式が盛大に行われ、クリスマスマーケットもオープンします。レストランやカフェ、スーパーにも、フィンランドらしいクリスマス限定メニューがいろいろ登場! 今回はフィンランドの伝統的なクリスマスメニューをまとめてみたので、この季節にフィンランド旅行に来られる際には、ぜひカフェやレストランで見つけて試してみてください。きっとフィンランドの素朴で温かなクリスマス気分に浸れるはずですよ。

北欧クリスマスの定番ドリンク、グロギでぽかぽかあったまろう!

グログ

スーパーなどで市販されている家庭用グロギも種類豊富

フィンランドをはじめ、北欧諸国でクリスマスシーズンに必ず飲まれる定番ドリンクといえば、グロギ(glögi)。シナモンで風味付けしてある甘いベリージュース(アルコール入りのワイン仕立てのもあり)のことで、十分に温めてカップに注ぎ、飲む前にレーズンとアーモンドスライスを加えるのがポイントです。クリスマスシーズンが近づくと、どこのカフェやバーでも限定メニューとして出回ります。

色もみごとなクリスマスカラーで、一口すすると体を芯からぽかぽか温めてくれる、まさにこの季節に欠かせないドリンクメニュー! スーパーでは、パックや瓶に入った自宅用グロギもたくさん売られているので(希釈液もあるので注意)、小さなボトルをお土産にするのも良いかもしれませんね。

 

クリスマスの定番お菓子(1)みんなでわいわい作るジンジャークッキー

ピパルカックタロ

ジンジャークッキーを駆使して作ったお菓子の家を飾るのも、クリスマスシーズンの楽しい恒例行事

クリスマスシーズンにカフェやスーパーに並び、家庭で作る機会もとても多いお菓子のひとつが、ピパルカック(piparkakku)という名前のフィンランド流ジンジャークッキーです。

クッキー

焼きあがるころには、部屋中がスパイスのうっとりする香りに包まれる

ジンジャーのほかに、フィンランドの菓子パンでよく使われるクローブやシナモンなどのスパイスが効いており、黒蜜のようなダークシロップで甘みをつけるので、焼き上がりは少ししっとりしていてとても香り豊か!

このクッキーをかわいく焼くために、毎年クリスマスシーズンには雑貨屋や日用品売り場で、個性的なクッキーの抜き型もたくさん売られます。家庭で作るときにはカラフルなアイシングにこだわるのも習慣。さらにはピパリカックタロ(piparkakkutalo)と言って、本格的な型紙をもとにクッキーの家を作って、クリスマス当日まで家に飾ったりもするのです。子供も大人も大好きなジンジャークッキーのスパイスの風味は、コーヒーやグロギとの相性も抜群ですし、クラッカーとしてチーズなどを乗せて食べてもおいしいですよ。

クリスマス定番お菓子(2)星型がかわいいクリスマスタルト

ヨウルトルットゥ

クリスマスタルトはパイ生地と耐熱ジャムさえあれば手軽に作れる

ジンジャークッキーと並んでフィンランドのクリスマスに欠かせないスイーツが、ヨウルトルットゥ(joulutorttu)と呼ばれる手のひらサイズのクリスマスタルト。正方形のパイ生地を、折り紙で風車を作るときのように折りたたんで、真ん中にプラムジャムを乗せてオーブンで焼き、仕上げに粉砂糖で雪を降らせれば出来上がり。

クリスマスシーズンにはどこのカフェでもかならず味わえますし、スーパーでは、オーブンで熱しても溶けないクリスマスタルト専用のプラムジャムを買うことができます。現地で食べるのもよいですし、ジャムを買って帰って、自宅でチャレンジしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

次ページでは、フィンランドの伝統的なクリスマス料理をご紹介!