どちらが得でどちらが損か?

baikyaku

売ってしまっても良いけれど・・・

「相続税を支払う為にまとまったお金が必要」といったような、売却に確かな理由があるなら別ですが、不動産を売却したら良いのか?それとも人に貸して所有し続けることがベストなのか?という判断は非常に難しい問題です。

どちらが得か?損しないのはどちらか?という観点で考えるなら、一時的に手に入る金額と、長期的に持ち続けることで得られる収益をシミュレーションして考える等、長期的な視野に立って検討する必要があります。

人に貸すという選択

人に貸すことは、長期に渡り家賃収入を手にすることにつながります。もし金融機関の借り入れなどが終わっているとすると、それは「人に貸す」という選択に舵を切る大きな要因になるでしょう。

しかし、住まいを貸す対価として報酬を得るということは、例えどんなに規模が小さい物件だとしても、賃貸経営という事業を営むことです。細々とした入居者からのクレームや設備の修繕依頼もありますし賃料滞納のリスクもあります。

また、空室リスクもあります。入居者が退去した後、すぐ次の借主が決まるとは限りません。退去後、最低限のメンテナンスで済めば良いですが、入居者の使用状態によっては、退去後のリフォームに多くの費用がかかる場合もあります。賃貸経営をこれから始める人にしてみたら、こうした作業やリスクは非常に煩雑でストレスに思うこともあるでしょう。

メリットではなくデメリットに目を向けましょう

「人に貸して資産を有効に使いましょう」「不動産投資で資産運用を」と安易に不動産投資・運用を進める会社や担当者がいますが、上記に記載したようなデメリットが当然あるということを、メリット以上にしっかりと理解しておくことが重要です。

そうした検討を疎かにして、安易に賃貸経営を始めてしまうと、「確かに賃料は入ってくるようになったけど、トータルで収支を振り返ってみたら、かけた労力の割にはたいして実入りがなかった・・・」ということになりかねません。

次ページでは貸すことに向いた物件とはどんなものがあるかについて、解説していきたいと思います。