アイルランドのクレジットカード事情

2

いざと言う時のためにカードも数枚持っていると便利

アイルランドのクレジットカードはビザやマスターが強いのが特徴。万が一どちらかが使えなかったときのことを考えて、両方一枚ずつ持っていれば鬼に金棒です。カードは多くのデパートや小規模なお店でもほぼ問題なく使えるうえに、比較的小額でも支払いを済ませることができるので何かと便利です。

持参するクレジットカードに関する注意点といえば、ICチップの有無です。ICチップが入っていない、または過去に数回暗証番号を間違えたなどの理由でチップが無効になっている場合、日本では使うことができていても、現地ではかなりの確率で使えません。チップが有効かどうか不安な方は、旅行前に日本で一度カード会社に連絡をして、ICチップが有効かどうかを確認をすることをおすすめします。

 

クレジットカードを使いこなしておトクな旅を

クレジットカードを持っていると、海外キャッシュカード機能を使って両替所よりおトクなレートで現地のATMから通貨を引き出せるのも特筆すべきポイント。利子は高めですが、数週間後に帰国して繰上げで返済をする場合、それでも両替所で両替するよりもずっとおトクに現地通貨を入手できます。

ただし、手数料や規定などはカード会社によって微妙に異なるので、こちらも出発前にご自分で詳細情報を確認しておいた方が、細かい心配をせずに旅を楽しめると思います。

ATMはアイルランドの街の至るところにありますので、見つけるのに手間取るということはほぼないでしょう。ただしほとんどのATMは歩道にむき出しで設置されており、目隠しになるものは何もありません。このつくりは本当に不思議で、暗証番号も見られやすいですし、スリにも狙われやすい条件が揃っているのです。お金を引き出す時は十分に注意して、なおかつ同行者にお願いして背後やまわりに注意を払っておいてもらう必要があります。

現金とカードを賢く安全に使って、旅をフレキシブルに楽しめるといいですよね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。