紅茶の輸入業からスタートしたダブリンの老舗カフェ
ビューリーズ

外観

ヨーロッパのカフェと各地の建築のエッセンスを取り入れた外観は国外でも有名

グラフトンストリートでひときわ目をひく老舗カフェ「ビューリーズ」のはじまりは、19世紀初頭に遡ります。当時紅茶の輸入に着手したチャールズ・ビューリーが、2000箱の紅茶を中国からダブリンに直接輸出することに成功。紅茶の小売りを開始後、コーヒーの輸入にも事業を拡大し、ビューリーズファミリーが最初のカフェをオープンしたのは1922年のアイルランドの独立直後のことでした。

花

各テーブルには美しい花が飾られている

今でも営業しているグラフトンストリートのカフェができたのはそれから5年後のこと。パリやウィーンのカフェ、エジプト建築のエッセンスも取り入れたダブリンで最大のスペースを誇るカフェは、一躍ランドマーク的存在になり文化人の集まるカルチャーのハブスポットに成長したのだとか。

アイルランド人作家のジョイスやベケットもこのカフェによく足を運び、ジョイスの作品のひとつ「ダブリン市民」の中でもこのカフェに関する記述があるといわれています。


 

アイルランドでもっとも古く大きなカフェ

入り口

ダークブラウンの木を貴重とした入り口の奥にはクラシックな空間が広がる

現在ではアイルランドのもっとも古いカフェとしても有名なビューリーズ。歴史を感じる味のある外観だけでなく、クラシカルでゆったりしたインテリアも本当に素敵です。入り口のスペースを抜けたもっとも大きな部屋は絵画や彫刻、美しいシャンデリアを配したクラシカルなインテリアで、他のカフェにはない特別な雰囲気を生み出しています。

この部屋でもっとも価値があるといわれるのが、アイルランド人のステンドグラス作家が手がけたと言われる繊細なステンドグラス。訪れた際にはぜひ注目してみてくださいね。

 

挽き立てコーヒーとケーキを無料味わう方法とは

レモンパイ

コーヒー各種3ユーロほど、スコーンも2.5ユーロほどとリーズナブルな価格もうれしい

紅茶とコーヒーの貿易会社としてスタートしたビューリーズだけあり、今でもカフェでは挽きたてコーヒーを飲みに毎日多くの人が訪れます。紅茶の大好きなアイリッシュには、もちろん熱々のミルクティーも人気です。旅行の際にはぜひ訪れてほしいこちらのカフェ、実はこれらのドリンクとケーキを無料で味わう方法があります。

奥

ゆったりとしたクラシックな空間でゆっくりティータイムを

以前こちらの記事でもご紹介した、ダブリンにある数多くのアトラクションを無料で楽しめるダブリンパス。実はこのパスには、観光名所だけでなく、ビューリーズの飲み物とケーキが無料になる特典がついています。ダブリンのアトラクションが閉まるのは17~18時のところが多いのですが、ビューリーズのカフェは22時、日によっては23時まで開いているので、ダブリンパスを使った観光後にゆっくりお茶をしてもいいのではないでしょうか。

特典の利用はいたって簡単。お店に入り、席に案内されたら、ダブリンパスをスタッフに提示してください。するとスタッフがドリンクとケーキのメニューを持ってきてくれますので、そこから好きなものを選びましょう。

ジョイスやべケットも通ったカフェ、ビューリーズ。往事を伝える空間で一休みしながら、素敵なひとときをお過ごしくださいね。

<DATA>
■BEWLEY'S(ビューリーズ)
住所:78/79 Grafton Street, Dublin 2
TEL:+353 1 672 7720
営業時間:月~水曜:8:00~22:00、木~土曜:8:00~23:00、日曜:9:00~22:00
アクセス:ダブリン南側でもっとも有名なショッピングストリート・グラフトンストリートのちょうど真ん中あたりに位置



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。