古い路地に新店がお目見え

銀座 ひらい

銀座 ひらい

銀座4丁目の交差点近くに、三原小路という昭和の風情を残す路地があります。根強いファンを持つ、中華三原、焼き肉の東京園など、古くからあるお店が立ち並んでいるこの通り。しかし、今年新たな店もお目見えしたのです。それが、今回紹介する、「銀座 ひらい」。


独創的な穴子料理の数々

こちらはちょっと珍しい、穴子料理の専門店。日本橋にある「玉ゐ」で腕を磨いた職人さんが独立したお店です。品書きには穴子を使ったオリジナリティあふれる料理が並びます。

まずは、こちらで使用する穴子のお話から。築地から毎日仕入れるのは「めそっこ」とよばれる小ぶりサイズのものだけ。「めそっこ」の特徴は、身のしまりがよく、火を通せばほどけるような口当たりになること。それを活け締めすることで、鮮度を保ったまま店まで運ばれてくるのです。
くるり焼き(各450円)

くるり焼き(各450円)


一品料理でおすすめなのが、「くるり焼き」(450円)。ニラや大葉、ゴボウなどの野菜を芯に、穴子を巻き、香ばしく焼き上げたもの。ほおばれば、穴子の繊細な旨みと共に、具材の香りが広がり、食感がアクセントになっています。どんな具材をもクルリと包み込んでしまう、穴子という素材の懐の深さを感じられるでしょう。

あなご骨酒(2合1500円)

あなご骨酒(2合1500円)


お酒にも穴子を使ったメニューがあるのです! それは「あなご骨酒」(2合1500円)。イワナや鮎の骨酒は一般的ですが、果たして穴子の骨酒とは?運ばれてきた瞬間から、湯気とともに立ち上る香ばしさに、まずはノックアウト。そして口に含めば、凝縮した旨みが日本酒のまろやかな味わいと共に口に広がって行くのです。

昆布締めしてから、半日ほど干した穴子を使用することで、この旨みと香気を生み出しているのだそう。「くるり焼き」と共に味わえば、もうたまりません! 休日のランチタイムにいかがでしょう?

さて、次のページでは、穴子のご飯をご紹介!