旬の食材をふんだんに使うヘルシーなギリシャ料理

laiki

ギリシャ料理は風味豊かなオリーブオイルや新鮮な野菜を多用する

ギリシャにきたらやはりギリシャ料理を食べてみたいですよね。ギリシャ料理の特徴といえば、最近、日本でも様々な効用が注目を浴びている栄養豊富なオリーブオイルをたっぷりと使うことです。オリーブの実も日常的に食しますし、レモンやトマトも料理に多用します。

olivefeta

日常的に食されるオリーブの実と山羊乳の真っ白なチーズ(フェタチーズ)

野菜が安価で美味しいので、多彩な野菜料理のレシピがあります。新鮮な魚介類も豊富で、魚の他、タコ、イカ、エビ、貝、魚卵などもよく食します。肉は牛、豚、鶏肉なども食しますが、山羊肉、羊肉をよく食べます。チーズも山羊乳や羊乳のものが多くあります。ギリシャでヨーグルトの生産が始まったのは、紀元前と言われますが、長い歴史のなかで様々なヨーグルトの製法や料理に利用する調理法が生まれました。濃厚な水切りヨーグルトの美味しさは欧米では有名です。

近年、ミネラルやビタミンを豊富に含むオリーブオイルをふんだんに使い、野菜や魚介類を多く摂取する地中海沿岸の食生活が、心臓病や糖尿病などのリスクを減らしていると世界的に注目され始めました。ギリシャ、スペイン、イタリア、モロッコが共同申請をした地中海式ダイエット(食習慣、ライフスタイル)は、2010年、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。

ギリシャ料理は上記のような要素の他に、トルコやレバノンなど東地中海地方の料理との共通点もあります。ただそれらの国々ほどこってりした味付けでもなく、基本的に旬の新鮮な食材の良さをシンプルに引き出す料理も多いので、日本人の口に合うと思います。

ギリシャの人々は、タヴェルナ(レストランよりカジュアルな食堂のような空間)などで語らいつつ、ワインを飲みながらゆっくりと食事を楽しみます。次頁からはタヴェルナで食べることができる家庭的なギリシャ料理の定番メニューをざっとご紹介します。