ブーランジュリー ナルイ、オープン

2013年10月25日、三鷹にオープンしたブーランジュリーナルイには、ハード系からスイーツまで、次々と焼き上がるさまざまなパンが無作為に並んでいます。
さまざまなパンが並ぶ

さまざまなパンが並ぶ

低温長時間発酵のバゲット

低温長時間発酵のバゲット

湯捏ね製法の「角食パン」(250円)の隣にはライ麦90%のドイツパン「Nロッケンブロート」(1/4 600円)が、その手前には低糖のさまざまな餡を包んだ「あんぱん」各種(85円~90円)が。
選ぶのが楽しい

選ぶのが楽しい

あんパン各種

あんパン各種


オレンジやチェリーのデニッシュ(260~280円)の横には自家製ビーフカレーパン(180円)、その隣には16時間の低温長時間発酵のバゲットでつくられたタルティーヌ(この日は4種のキノコとベーコンのホワイトソースにキノコのマリネという組み合わせ、260円)。そしてブリオッシュ生地のメロンパン(160円)やクリームパン(180円)を眺めているとできたての「シュガッシー」(85円)が並び始めるという具合。
シュガッシー

シュガッシー

「シュガッシー」は2口か3口で食べられてしまう、いわゆるドーナツなのですが、口の中でふわっと消えていく感じはかろやかです。これらのパンには奇をてらったものはなく、どのパンにも日本で愛されているベーシックスタンダードを感じます。

冷蔵ケースを覗けば昔ながらの三角サンド(260円)にキッシュロレーヌ(400円)と「自家製のパテとラタトゥーユのサンド」(420円)が入っています。
美しいデニッシュ

美しいデニッシュ

カレーパンやお総菜パン

カレーパンやお総菜パン


パンは全部で160種類ほどつくられていて、店内にはシェフブーランジェの成井宏夫さんの自由なパンの世界がひろがっています。


ハード系からヴィエノワズリ、菓子パンから惣菜パンまで幅広いラインナップ

成井宏夫さん

成井宏夫さん


成井さんは料理人を目指してフランス料理を勉強するも、途中でパンに魅せられて、パン職人の世界へ。アンデルセンで7年、本物志向のパンを学び、独立して福生で「レコルテ」というお店を7年ほど営んだ後、今回の移転リニューアルとなりました。この新しいお店では今までつくりたかったハード系や自家製酵母のパンのラインナップをぐっと増やしたそうです。
カレンツとクルミ、Nカンパーニュ

カレンツとクルミ、Nカンパーニュ


今一番チカラを入れているのが地元三鷹で採れるブドウで起こした、三鷹レーズン酵母パンのバリエーション。「カレンツとクルミ」(1/2 500円)はどっしりとしたパンの中にフルーティなカレンツと香ばしいクルミがたっぷり詰まっています。三鷹レーズン酵母パンはケシの実ペーストやホワイトチョコを練り込んだ細長いスティック状のスタイリッシュなパンもあります。
ブルーチーズハニーも三鷹レーズン酵母

「ブルーチーズハニー」も三鷹レーズン酵母