日本初のフォアグラバル

かつてフランスはアキテーヌ地方のフォアグラ農家を訪問した時のことだ。囲い毎に子供から大人の鴨が分けられてのんびりと過ごしている風景は、和やかでおっとりとした典型的なフランスのフォアグラ農家だった。一通り案内いただいた後は待ちに待った試食。「旨いっ!!」フレッシュなフォアグラの味わいが身体中を突き抜け、地元の甘口のワインとともに至福の時間が流れる。ところが次から次へと出されるフォアグラ料理に胃袋もギブアップ。
フォアグラ

日中は離し飼いにされている鴨たち。アキテーヌ地方のフォアグラ農家にて。

日本人のビジターは初めてだという飼育係の方から「フォアグラ食べにわざわざ日本から来たんだろ、もっと喰えよ」とワインもどんどん注がれ、死に物狂いでいただいたことを思い出す。
フォアグラ

ピゴシエ家の半生のフォアグラ

かつては高級食材ともてはやされたフォアグラ(鴨やガチョウの肝臓)ではあるが、最近はフランスのみならずベルギーなど周辺各国より輸入され、比較的手頃な値段で取引されていると聞く。

2013年夏に開店したアジルジョーヌはおそらく日本で初めてフォアグラ料理を中心とした名前を名乗った店ではないだろうか。当然私のようなフォアグラ好きにはたまらないのだが、その他の料理やワインとの組み合わせや、そもそものフォアグラ料理のバリエーションも気になるところだ。
フォアグラバル

ウッディでシックなインテリア