カノムチン・ナムヤー

カノムチン

見た目も地味でこの記事で紹介しているタイ料理の中で一番知名度が低いかもしれないが是非一度試してもらいたい味

初めてタイに来た人でカノムチン・ナムヤーを食べる人は少ないかも。レストランというより屋台や食堂の専門店で食べるストリートフードということもあり、外国人旅行者の間では知名度がありません。しかし、魚をすり潰してココナッツミルクを加えたカレーがカノムチンという米でできた生麺にからまり、しっかり魚のうまみとカレーの風味が堪能できる一品なのです。

魚をすりつぶしたりと、はじめから作ろうとするとかなりの手間がかかる料理なのですが、これもペーストを使えば3分で完成してしまいます。タイ料理研究家の方から「魚の風味を出すために、具としてツナ缶を入れると美味しいですよ」すすめられて以来、このペーストとツナ缶、そしてココナッツミルクで作ることにしています。ツナは缶から出すだけなので、我が家では包丁いらずの手抜き料理のレパートリーになっています。カノムチン(米の生麺)は素麺で代用可能です。

 
 

カオソーイ

カオソーイ

「タイ料理の中で一番好きなのはカオソーイ」と断言する日本人も多いほど、タイ好き、タイ料理好きに愛されている

日本人の口によく合うからなのか、最近日本のタイ料理レストランでもよく見かけるようになった「カオソーイ」。香辛料とココナッツミルクを混ぜたコクのあるカレースープに、ラーメンのような黄色のゆで麺とカリカリに揚げた麺がトッピングされているカレーラーメンが北部タイの郷土料理です。

あまりバンコクではカオソーイの食べられるレストランや食堂はありませんが、スーパーでカオソーイ・パウダーを買って帰れば、チェンマイまで行かなくても美味しいカオソーイが食べられます。

カオソーイのスープの素となるパウダーとココナッツミルク、そして一口大に切った鶏肉を入れて数分煮込めば完成。麺は日本のラーメンの生麺で代用可能。これもまた10分程度でできてしまう簡単で美味しい料理です。

 

ナムプリック・オーン

ナムプリックオーン

日本の白いお米にもよく合う

タイには数えきれないほどのナムプリックと呼ばれる野菜やごはん、もち米と一緒に食べるディップがあり、代表的な家庭料理でもあります。ナムプリックはたいてい激辛のものが多いのですが、タイ北部の郷土料理でもある「ナムプリック・オーン」はトマトと豚挽き肉を炒め煮したミートソースのようなやさしい味。北タイを訪れた日本人旅行者の間ではカオソーイと並ぶほどの人気料理でもあります。

このナムプリック・オーンもペーストとひき肉を炒めて少し水を加え炒め煮するだけで出来上がり。カレー類のようにココナッツミルクも必要ありません。ガイドはトマトの風味を効かせたいので、細かく乱切りしたトマトを入れて一緒に炒め煮します。

 

ガイヤーン

ガイヤーン

フライパンでも美味しくできるが、オーブンまたはグリルで焼くをいっそう美味しさが増す

ガイヤーンとはタイ東北部(イサーン)地方の代表的な料理で、タレに漬け込んだ鶏肉を炭火でじっくり焼いたものです。タレを一から作らなくてもこのシーズニングパウダーを鶏肉に揉みこんでグリルで焼けば、ガイヤーンが出来上がります。炭火で焼たいものを比べると風味は少し異なりますが、十分タイ本場の味を再現できる便利なシーズニングパウダーです。

バンコクのスーパーマーケット記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。