yucamurakami

村上ユカ

90年代末から00年初期にかけて、僕はシンクシンク(THINK SYNC)レコードから出る作品がとっても好きでした。この度、登場の村上ユカさん、snow mobiles、microstarなど……。今回が2回目となりますが、9年ぶりに放つアルバム『鳥と魚』のリリースを記念して、インタヴューです!

 

この9年間にあった事

ガイド:
村上ユカさん、お久しぶりです。最近はfacebookとかもあって、意外と距離感がなかったりしますが、前回のインタヴューがセカンド・アルバム『アカリ』のリリース記念ということで、2001年ですから、かなり時が経ってしまいました。まだ、僕もAll Aboutで記事を書き始めた頃で、インタヴューとしても5人目! 今もやっているのはある意味奇跡的です(笑)。

村上ユカ:

え、5人目だったのですねー! 光栄です。

凄く慣れていらっしゃる感じでしたので、そんな初期だったとはビックリです。また、こうやってインタビューをして頂けるのは嬉しいですね。

ガイド:
その後のサードとなる『角砂糖』が2004年ですから、ほぼ9年ぶりのアルバムとなりましたが、その間はどのようにされていたのでしょうか? 一番のビッグニュースとかあれば、教えてください。

村上ユカ:
一番のビッグニュースは、、二人目が産まれましたね(笑)。それももちろんありますが、長年いたシンクシンクレコードからも離れてみたりして、自分の音楽との向き合い方という事を考えていたなと。(音楽を)凄くやりたいのに、好きすぎてできない、なんでできないんだろうという、そんな長く苦しい、自分との戦いの時期だったなと今となっては思います。

ガイド:
一時、村上由香名義で活動されていた頃もあったようですが、それは何故? また、現在の村上ユカ名義に戻された理由も、もし差し支えなければ、教えてください。

村上ユカ:
画数が悪かったんですよね、村上ユカが(笑)。というか、自分がうまく行かない理由をそういう事のせいにするくらい、自分は弱かったし。特になにも変わらなかったので(笑)、戻しました。