There She Goes Again

昨年は戸田誠司さんの久々のソロ・アルバム『There She Goes』がリリースされたのですが、9月22日に発売の『There She Goes Again』はそれを映像化するという試み! やはり、戸田さんはこだわる人、ただのPV集ではありません!

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
There She Goes Again
01. Hello World:)
02. Default
03. Bookshelf
04. スローバラード
05. Blue Sofa
06. Look
07. 競艇だいすき (by 沢瀉)
08. Clock Works
09. So I'm in Love
10. There She Goes
11. TENKI (by TOMISIRO feat. セージ)
12. Stairs
13. 水色
14. Memory
15. Wiz
16. There She Goes - 波


――去年の『There She Goes』発売の際、戸田さんにインタヴューできて本当によかったと思っています。その後、見れると思っていなかったライヴを2度も見る事が出来ましたし。『There She Goes』の反響は如何でしたか?

すごく個人的なことですが、重い腰を上げてアルバムを作ってよかったと思ったことのひとつに、いろいろな人に出会えたことがあります。そして、このDVDが生まれたのもそれまで面識の無かった様々な分野のクリエイターにも出逢えたことからです。こういったことも僕にとっては大きな"反響"であり、すごく大切なことです。

――今回『There She Goes』からの曲+αで『There She Goes Again』という名でDVDとして発表するのは最初から予定の行動だったのでしょうか? 映像製作ではタナカカツキさん、伊藤ガビンさんとコラ ボレートされていますが、いつ、どのようなきっかけで今回のプロジェクトを始めたのですか?

彼ら二人はCD音源ができあがった直後からTSGプロジェクトに参加してもらっています。というより彼らがプロジェクトを作ったと言った方かもしれません。CDを発売して、WebでCDから派生したコンテンツ(リミックスやデモ音源)そして余興的なデジオ。もちろんプロモーションの意味合いもありますが、それ以上におもしろいからやった。そして今回のDVDへと続いたのはすべて自然な流れでとても楽しい。DVD制作のきっかけは、すごく簡単なことでした。「映像」が集まったからです。

――仕様がすごいですね。片面2層でサラウンドまでできる! ここまでの仕様にした理由は?

例えば音楽もののDVD、ただPVが何曲か収録されている、そういったものにあまり興味がなかったので仕様もなにもなかったです。最初はとにかく作ってみて納得がいったら世に出そうみたいなノリでした。サラウンドもやる前は懐疑的でしたが、実際作ってみたら本当におもしろい。マルチチャンネルの音楽がこんなにおもしろいとは。ましてやデスクトップでできるんですよ。で、調子にのって全16曲、ついでにクレジットまでサラウンドにしました。"やれることは全てやる" まぁいつ地震がくるかもしれないですから(笑)。

――他の戸田さんファンも同じ気持ちになると思いますが、いきなり「Hello World:)」でノックアウトです。これは、フェアチャイルド後の1995年のファースト・ソロアルバム『Hello World:)』のタイトル曲でもあるわけです が、今回、2005年ヴァージョンになっていますよね。『HelloWorld:)』自体が早すぎたテクノとデジタル映像の融合作品だった感もありますが、このアルバムからの4曲を追加されたのは、どういう理由からでしょう?

『Hello World:)』が廃盤になっていて手に入らない。ならばDVDのコンテンツとしてmp3で収録しようかと考えてました。でも当時の音源が手に入ったところで、いじりたくなりました。せっかく"今"だすのだから、"今"気持ちよく聴ける音にしたかった。リミックスではなくリプロダクトです。曲数は4曲にとどめた、というか、とにかく楽しくていくらでも、いつまでもやってられそうで、これでは2年経っても完成しない。それでは困る。少し遅れましたがCD発売から1年後までやれるとこまでやってやる。そんなわけで全16曲にまでなってしまいました。

――「沢瀉」名義での「競艇だいすき」は、80年代的な楽曲でかなり良い意味でのサプライズがありました「戸田競艇」もシュールです。

詳しくは、DVDに収録されたクレジットの寺田創一さんのおしゃべりを聴いてみてください。

――もう一つ、TOMISIRO feat. セージ名義で「TENKI」という曲をやってられますが、TOMISIROさんとは?

リアレンジ、サラウンドミックスを手伝ってくれた本澤尚之さんと、いつも詞を書いてもらっている掛川陽介さんのバンドです。彼らのすごく気持ちの良いトラックがあったので半ば勝手に歌をのせて、映像をつけましたー。

――最後に今後の予定があれば、教えてください。映像も駆使したライヴなどされるなんて事はないのでしょうか(希望的観測)?

音楽ライブといった形はどうするかわかりません。ただちゃんとサラウンド環境を作って試写会のようなモノはぜひやりたい。そしてタナカカツキさんも今年DVDを出したり、個展をするそうなので、彼とゆる~くパフォーマンスでもしていきたいと思っています。

Apple Store, Ginza + Sound & Recording Magazine workshop #12

戸田誠司+タナカカツキによるアーティスト・トーク+パフォーマンス
【日時】10月14日(金) 19:00~20:00
【場所】Apple Store, Ginza3F Theater
〒104-0061東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館
     03-5159-8200
【料金】無料
【出演】戸田誠司+タナカカツキ

ナウオンメディア(株)

第1回インタヴューへと続く・・・