お歳暮のニーズを知ろう

お歳暮ランキング

お歳暮選びに、受け手のニーズを活かしましょう

お歳暮選びに迷いはつきもの。どんなお歳暮を贈れば、本当に喜んでいただけるのでしょう?

そこで、「お歳暮としてもらったらうれしい商品・ギフト」のアンケート結果を紹介します。受け手のニーズを把握して、お歳暮選びに活かしましょう。


お歳暮としてもらったらうれしい商品・ギフト

お歳暮としてもらったらうれしい商品・ギフト

「お歳暮としてもらったらうれしい商品・ギフト」調査結果 <ギフト総合研究所調べ>

男女総合1位は商品券(41.4%)、2位はカタログギフト(32.6%)となっており、自分の好みが反映できる合理的な品が高い支持を得ています。贈答品としてお金を贈るのはタブーとされていますが、実際にはお金をもらって自分の好きなものを選びたいと思っている方が多いので、本音と建て前を融合した結果といえるでしょう。3位には、ビール・発泡酒(29.6%)がランクインしました。

ちなみに、男女別にトップ3をみてみるとこのような結果になります。
【総合】 1位=商品券、2位=カタログギフト、3位=ビール・発泡酒
【男性】 1位=商品券、2位=ビール・発泡酒、3位=カタログギフト
【女性】 1位=商品券、2位=カタログギフト、3位=洋菓子
女性はビールよりも洋菓子ニーズが高いようです。

4位以降は加工肉(ハム・ソーセージ)、洋菓子、水産品・魚介類と続き、食料品以外で20位以内にランクインしたものは、17位の石鹸・洗剤(男性では20位、女性では13位)だけとなりました。お歳暮の由来は、年越し・正月用の供物にあるので、食料品ニーズはその名残といえます。

また、商品券やカタログギフトは食料品以外のものを選ぶこともできます。この場合は好みが反映できるので、消耗品以外の趣味が問われるものは、自分で選びたいと思っている様子がうかがえます。

※有効回答数 500名(男性285名:女性215名)/2013年8月 ギフト総合研究所調べ


相手の立場にたつことが大事

お歳暮は、相手に喜んでもらえないと意味がありませんし、ひとりひとり好みやニーズが違います。お歳暮ランキングというと、ほとんどの場合は贈る側やお店側のアンケート結果になるため、お歳暮の人気商品や売れ筋商品が並びますが、もらう側のアンケート結果には、本音や実感が込められた品物が並びます。こうした結果を参考にしながら、相手の立場になってじっくり考え、喜んでいただけるものを贈りたいですね。

<関連記事>
お歳暮のいろは
「頂いて困った」から学ぶ 賢いお歳暮選び
“のし”を付けてはいけない贈答品って?
手土産の【渡し方】と紙袋の扱い


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。