夕飯はしっかり食べて9時以降の夜食を控える

■ダイエットの方法
夜9時以降はどんなにお腹が空いても、水分以外のお菓子などは一切口にしないようにしています。水分もできるだけ無糖のもので、水かお茶だけにしています。
夏場は炭酸も飲みますが、無糖の炭酸を無糖の紅茶で割ったりしています。

やはり夜食が一番太る原因なので、これだけは控えようと心に決めています。
翌朝の胃もたれの予防にもなるので、体型維持・体調管理の面でも効果的な方法です。


■オススメのポイント・効果効能

夜9時以降の夜食を控えるために、夕飯はしっかり食べるようにしています。
よく、ダイエットには夕飯のカロリーを抑えた方がいいとして、夕飯をほとんど食べない人がいますが、9時以降に何も口にしないことを誓えば、夕食はしっかり摂っても大丈夫です。
もちろん、だからと言って、お腹が破裂しそうなくらい満腹に食べる、というわけではありません。普通に食べれば良いだけです。

意外に、最初は9時以降何も食べないというのは結構キツイものがあります。
すぐに寝る場合は余り気になりませんが、大体12時くらいまでは起きている人が多いと思います。
9時から12時までは3時間しかないと思いますが、この3時間って結構お腹が空いてくる3時間なんですよね。

というのも、夕食を摂るのが大体6~7時。
その後2時間くらいはお腹も一杯なので、食べる気がしないんです。
その状態で9時を迎え、10時……と起きている時間が長くなってくると、少しずつお腹が空いてきます。でも9時を過ぎたらもう食べないと決めているので、何も口にできない。
すると益々お腹が空いてくる気がする、といった具合になります。
慣れてくると全然平気なのですが、慣れるまでがちょっとひもじいですよ。

それでも効果は十分にあります。
夜の摂取カロリーが夕食分だけなので、案外少なく済んでいるんです。
1ヶ月続けるだけでも2、3キロは落ちるんじゃないでしょうか。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。