iOSをiTunesでアップデートするメリットは2つ

iPhoneのOSである「iOS」のアップデートは、iPhone単独でできます。ホーム画面の[設定]から[一般]→[ソフトウェアアップデート]から[ダウンロードしてインストール]をタップします。

しかしながら、iOSのダウンロードはモバイル通信(携帯電話用の電波)を使うので、かなり時間がかかります。また、通信が不安定になるとダウンロードが中断され、その結果不具合が生じる可能性もあります。

実は、iTunesにはiOSのダウンロード機能があるので、iTunes経由でiOSをアップデートできるのです。iPhoneに直接ダウンロードさせるのに比べて、2つのメリットがあります。

(1)回線が途切れる心配がない
モバイル通信は周囲の通信状況に影響されやすく、電波が途切れる場合もあります。家のパソコンで有線接続しているのなら、通信が途切れる可能性は少ないでしょう。

(2)iPhoneの空き容量が少なくてもいい
iOSの更新では、数GBにもおよぶデータをダウンロードします。16GBのiPhoneを使っていると、空き容量が足りないという事態もありえます。iTunesを使うと、より少ない空き容量でiOSを更新できます。


更新の前にはバックアップを

iPhoneに限らず、OSのアップデートにはデータ消失など、トラブルが発生しやすくなります。必ず事前にバックアップを作成しておきましょう。バックアップ作成の方法についてはこちらの記事をご覧ください。

また、新しいiOSに対応したiTunesの新しいバージョンが配布されている場合もあるので、まずはiTunesを更新しましょう。iTunesを新しいバージョンへアップデートする方法はこちらの記事を参照にしてください。
 

iOSのダウンロード・更新方法

ここではiPhoneを例に紹介しますが、やり方はiPadやiPod touchなどでも同様です。

まずは、パソコンにiPhoneをつなげます。Wi-Fiでつなげる方法もありますが、途中で通信が途切れる可能性もあるので、USBケーブルでつなげるのが確実です。iOSの最新バージョンがある場合には、アップデートするかの確認画面が表示されるので[ダウンロードして更新]をクリックします。

[ダウンロードして更新]をクリック

[ダウンロードして更新]をクリック


もし上のような画面が表示されなかったら、iTunes左上のiPhoneのアイコンをクリックして[概要]内の[更新]をクリックします。

iPhoneの設定画面を開いて[概要]→[更新]をクリック

iPhoneの設定画面を開いて[概要]→[更新]をクリック


ダウンロードできるiOSがあると、次の画面が表示されるので[更新]をクリックします。

[更新]をクリック

[更新]をクリック


アップデートの中身を確認したら[次へ]をクリックします。
[次へ]をクリック

[次へ]をクリック


利用規約を確認したら[同意する]をクリックします。

[同意する]をクリック

[同意する]をクリック


このあと、iOSのダウンロードが始まります。ダウンロードにかかる時間は、通信環境やAppleのサーバー状況によって大きく変わります。特に、最新バージョンの配布直後は世界中からダウンロードが殺到するため、1時間以上かかることもあります。あまりに時間がかかりそうなときは、後日に改めてもいいでしょう。ちなみに、ガイドが配布開始日の午前6時にダウンロードしたときは約20分でした。

iOSのダウンロードが終わると、次はiPhone更新の作業となります。ガイドのiPhone 5の場合は約5分でした。さらにiPhoneの再起動に約5分かかった後で、ようやくアップデートの完了です。

 

アップデートした後は

いろいろ触ってみたい気持ちはわかりますが、まずはメールの設定や写真など、大切なデータがちゃんと残っているか確認しましょう。もし設定が初期状態に戻っていたり、データが消えているなどの不具合が見つかったら、作成したバックアップから復元しましょう。バックアップからの復元はこちらの記事で紹介しています。

また、多くのアプリが新しいiOSに対応したバージョンを配布しています。アプリのアップデートは、ホーム画面の[App Store]→[アップデート]から行います。新しいiOSに合わせて修正されている場合があるので、必ずアプリもアップデートしておきましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。