iTunesをアップデートする

iTunesは1週間に1回程度の頻度で、新しいバージョンがあるか(アップデート可能か)を自動で確認します。しかしセキュリティ上の問題やバグの修正などは、早めに行うに越したことはありません。ここでは手動でアップデートする方法を紹介します。

1.画面左上の[▼]をクリックして[メニューバーを表示]をクリック
メニューバーを表示

現在のiTunesでは、初期設定ではメニューバーが非表示なので、まずはメニューバーを表示させます


2.[ヘルプ]から[更新プログラムを確認]をクリック
更新プログラムを確認

[更新プログラムを確認]でアップデート可能か、チェックします


3.アップデート可能な場合には[iTunesをダウンロード]をクリックします
アップデート画面

新しいバージョンがあればこのような画面が表示され、ない場合にはその旨の画面が表示されます


4.[iTunes]にチェックが入っていることを確認して[1項目をインストール]をクリック
アップデート画面

この画面ではiTunes以外にも、アップルが提供しているソフトすべてに対してアップデート可能か確認できます。ほかのソフトでもアップデートできるものがあれば、ついでに行っておきましょう


これでiTunesのアップデートができます。場合によってはWindowsの再起動が必要になるので、編集中のデータなどは保存しておきましょう。

最後に、iTunesのアンインストールの手順を紹介します。