iTunesのイコライザとは?音質を変える調整機能

見出し

iTunesのイコライザ機能を使ってみよう

スピーカーやヘッドフォンには、それぞれ得意とする「音の出し方」があります。ボーカルの声をはっきり聴かせるタイプや、低音を重視したものなど、さまざまです。そのため、新しくスピーカーやヘッドフォンを買い替えると、今までと音の雰囲気が違うということがよくあります。

このようなときに使うのが「イコライザ」です。イコライザとは、音の周波数ごとに音量を調整できる機能で、かなり細かいところまで音質を変えることができます。専用の高額機器もありますが、iTunesには簡易的なものが入っています。

この記事では、iTunesでイコライザ機能を使う方法と、昔から海外ユーザーに絶賛されているイコライザ設定を紹介します。

<目次>  

イコライザの出し方は?iTunesでイコライザ設定方法 

メニューバーの[表示]から[イコライザを表示]を選びます。
[表示]をクリックして[イコライザを表示]をクリック

[表示]をクリックして[イコライザを表示]をクリック


すると、イコライザが表示されます。イコライザを使うには[入]のチェックを入れます。イコライザでは、全体のボリュームである「プリアンプ」と、10種類の周波数(単位はヘルツ: Hz)を個別に調整できます。
[入]のチェックを入れてから、それぞれのボタンを上下させて調整できる

[入]のチェックを入れてから、それぞれのボタンを上下させて調整できる

 

デフォルト設定を使う、または好みの設定を記録させる(プリセット作成)方法
音域は主に「低音」「中音」「高音」の3つ

初めてイコライザ機能を使う人にとっては、どれをどれくらいいじったらいいのか、よくわからない場合もあるでしょう。そのときには、よく聴くジャンルに最適なデフォルト設定を選びましょう。
例えば[Piano]を選ぶと、125Hzと1kHz以外を強調する設定になる

例えば[Piano]を選ぶと、125Hzと1kHz以外を強調する設定になる


音域は、大まかには次の3つに分類されます。

32Hz~250Hz:低音。「ドンドン」という重低音が好きな人は、ここを強くするとよく響くようになります。

500Hz~2kHz:中音。人の声はこのあたりに収まるので、ボーカルの声を強調するときには中音を上げるとよいでしょう。

4kHz~16kHz:高音。全体的に上げてると、上品な雰囲気になります。ただし上げすぎるとキンキンした音になってしまうので注意。

好みの設定を見つけたら、設定を記録させることもできます。[プリセットを作成]をクリックして、プリセット名を入力するとリストから選択できます。
[プリセットを作成]をクリック

[プリセットを作成]をクリック

新規プリセット名を入力して[OK]をクリック

新規プリセット名を入力して[OK]をクリック


 

おすすめのイコライザ設定はコレ!海外ユーザー絶賛のパーフェクト設定とは

iTunesのイコライザには、有名な設定があります。2004年9月に海外ユーザーが見つけたもので、その名も「perfect」。左から順番に「+3, +6, +9, +7, +6, +5, +7, +9, +11, +8」と設定します。なお、一目盛りが3dBです。
これが「perfect」の設定。左から順番に「+3, +6, +9, +7, +6, +5, +7, +9, +11, +8」

これが「perfect」の設定。左から順番に「+3, +6, +9, +7, +6, +5, +7, +9, +11, +8」


ガイドが試したところ、ボーカルの声が維持されたまま低音が響くようになり、加えて全体の音が繊細になる印象を受けました。スピーカーやヘッドフォンのクセや好みもありますが、イコライザの恩恵を感じやすい設定です。まずは「perfect」を試すことをおすすめします。

参考Webページ: A 'perfect' iTunes equalizer setting - Mac OS X Hints

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。