パソコンの不調は突然に!いつでも復元できるようバックアップ作成を

iTunes バックアップundefined方法

 

パソコンを使っていて一番怖いのが、突然の不調。ときには起動すらできなくなり、保存しておいたデータにアクセスできない、なんてこともありえます。

万が一のときのためにも、定期的にバックアップをとっておくのが一番の対策です。大切なファイルだけでなく、iTunesで利用できる楽曲なども例外ではありません。また、パソコンを買い替えたときは、データを移行させるためにも外付けハードディスクなどに保存する作業が必要になります。

この記事では、iTunesに保存してあるファイルのバックアップ作成方法と、バックアップからの復元方法を紹介します。

<目次>  

そもそも、iTunesのファイルがある場所は?

iTunesで視聴できるファイルは「PC>ミュージック>iTunes>iTunes Media」に保存されています。下の画像では、「Books」フォルダーにはPDFなど、「Music」フォルダーには楽曲が保存されています。
「iTunes Media」フォルダーにファイルが保存されている

「iTunes Media」フォルダーにファイルが保存されている


ただし、iTunesの画面で表示されているコンテンツの中には「iTunes Media」フォルダーに保存されておらず、他の保存先にリンクを張っているだけの場合があります。そのコンテンツもバックアップに含めるために、ファイルを「iTunes Media」フォルダーにコピーさせる手順を最初に行います。

方法は、[ファイル]をクリックし、[ライブラリ]から[ライブラリを整理]を選択します。
[ファイル]→[ライブラリ]→[ライブラリを整理]の順にクリック

[ファイル]→[ライブラリ]→[ライブラリを整理]の順にクリック

ポップアップ画面では、[ファイルを統合]にチェックを入れて[OK]をクリックします。
[ファイルを統合]にチェックを入れて[OK]をクリック

[ファイルを統合]にチェックを入れて[OK]をクリック


これで、iTunes内のファイルが全て「iTunes Media」フォルダーにコピーされます。下の画像では、先ほどまでなかった「Home Videos」フォルダーが作成されています。このフォルダーにはムービーが含まれています。
「Home Videos」フォルダーが作成された

「Home Videos」フォルダーが作成された


 

iTunesデータのバックアップを作成する方法

iTunesのすべての情報は「ミュージック」フォルダー内の「iTunes」フォルダーに含まれています。このフォルダーごと、バックアップ先となる外付けハードディスクなどにコピーします。
「iTunes」フォルダーをバックアップ先にコピー

「iTunes」フォルダーをバックアップ先にコピー


これで、iTunesのファイルはすべて別の場所にバックアップできます。

 

バックアップからiTunesのデータを復元する方法

まずは、外付けハードディスクなどに保存した「iTunes」フォルダーをパソコン本体にコピーします。コピー先はどこでもいいですが、わかりやすく「ミュージック」フォルダーにするのが確実です。
「iTunes」フォルダーを「ミュージック」フォルダーにコピー

「iTunes」フォルダーを「ミュージック」フォルダーにコピー


ここから2手間かかるので注意しましょう。まず、キーボードのShiftキーを押しながらiTunesを起動します。ポップアップ画面で[ライブラリを選択]をクリックします。
Shiftキーを押しながらiTunesを起動して[ライブラリを選択]をクリック

Shiftキーを押しながらiTunesを起動して[ライブラリを選択]をクリック


そして、コピーした「iTunes」フォルダー内にある「iTunes Library」というファイルを選択します。この「iTunes Library」は、iTunesに関するすべての情報を扱うファイルで、この情報をもとに楽曲やムービーなどを表示します。
[iTunes Library]を選択して[開く]をクリック

[iTunes Library]を選択して[開く]をクリック


これで、楽曲やムービーなどがバックアップから復元されます。

 

定期的なバックアップが大切

バックアップの作成は面倒と思うユーザーも多いと思いますが、パソコンの不調はいつ起きるかわかりません。頻繁に行う必要はありませんが、3カ月に1回くらいはバックアップを作成しておくと、万が一のダメージを最小限に抑えることができますよ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。