備えあれば憂いなし

OSをアップデートしても、基本的にはデータが消えることはありませんが、まれに一部のデータが消失するというトラブルが発生します。もしデータが消失しても、バックアップがあれば簡単に復元できます。また、iPhoneを新しく買い替える場合でも、今まで使ったiPhoneのバックアップを作っておけば、新型iPhoneにバックアップのデータを移行することで、ほとんど同じ状態で使い始めることができます。

iCloudを利用したバックアップ方法もありますが、今回はiTunesを使った確実なバックアップ方法を紹介します。バックアップされる情報は、ホーム画面のアプリの配置、自分で撮った写真や動画、設定項目(メールアカウントや壁紙)、連絡先、メッセージの内容などです。

なお、ここではiPadを例に紹介しますが、やり方はiPhoneやiPod touchでも同様です。


iTunesでバックアップをとる方法

まずは、パソコンにiPadを接続します。Wi-Fi経由で接続する方法もありますが、確実にデータ転送ができるUSBケーブルで接続しましょう。すると、右上に[iPad]と表示されるので、それをクリックします。
[iPad]をクリック

[iPad]をクリック


画面上部の[概要]をクリックして[今すぐバックアップ]をクリックすると、iPadのバックアップデータの作成が始まり、パソコンに保存されます。バックアップ作成にかかる時間はデータ量や内容によります。時間に余裕があるときにやっておくのがオススメです。
[今すぐバックアップ]をクリック

[今すぐバックアップ]をクリック


すぐ下の[最新のバックアップ]のところに[このコンピュータ:今日 xx:xx]と表示されたら、バックアップ作成の完了です。
この表示が出たらバックアップ作成完了です

この表示が出たらバックアップ作成完了です


バックアップからデータを復元する方法

OSのアップデートでデータが消えてしまった、iPhoneの買い替えでデータを移行したいなど、作成したバックアップからデータを移したいときは[バックアップの復元]をクリックします。
[バックアップを復元]をクリック

[バックアップを復元]をクリック


[復元]をクリック

[復元]をクリック


復元にかかる時間はデータ量によります。今回ガイドが作成したバックアップデータでは、復元に約15分、さらにiPadの再起動などでプラス約5分でした。


バックアップは大切な保険

そもそも、いつ無くしたり壊れたりするかわからないのが電子機器。OSアップデートや買い替え時にバックアップを作成するのは大切ですが、日頃から定期的にバックアップをとっておきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。