中学受験塾には何年生から通えばいい?

中学受験塾にかかるお金は?

お金の心配なく勉強させてあげたいものの……

「何年生から塾に通うのが一般的?」と相談者からよく質問されれます。私は、都内の大手進学塾の多くが、4年生(※)から「中学受験合格」を目指したカリキュラムを組んでおり、3年生になると母親たちの間でも塾の情報や評判などが話題にのぼりますよ、とお答えしています。

※中学受験塾における4年生とは3年生の2月を指すのが一般的

しかし、どこの塾にも低学年クラスがあることが、中学受験を視野に入れた保護者たちが「何年生から通えばいい?」と不安に思う原因。そこで、塾が設定している低学年クラスの目的を見てみました。
  • 「学ぶ楽しさを知る」(四谷大塚HPより)
  • 「じっくりとしっかりと学びを育てる」(日能研HPより)
  • 「学習に興味を持たせ、授業を楽しんでもらう」(サピックスHPより)
……とパンフレットにあることから、低学年のうちは、受験の前段階での学ぶことの楽しさを知るためや、好奇心を刺激するためのカリキュラムが組まれていることがわかりますね。

つまり、「何年生から通えばよいか」ということに正解はありません。中学受験を絶対にさせるという強い思いがあるなら、習い事の一つとして、低学年から通うのも一手ですし、低学年のうちは「学ぶことの楽しさ」は家庭で教え、4年生から通わせる、または塾には通わない、など考え方は家庭それぞれかと思います。

家計の面から考えますと、「幼児教育、教育費としてどこまでかける?」や「子どもの習い事、限られた家計の中からどう選ぶ?」でお伝えしたように、予算や習い事の数を決めるなどした上で、周りに流されずにしっかり検討することが大切かと思います。

低学年クラスでの費用は?

それでは、中学受験塾に低学年から通わせた場合の費用はどのくらいなのでしょうか。都内大手塾の例を紹介します。

受験塾における低学年クラスの月謝

一般的な習い事よりはやはり高い(※クリックして拡大)


このように、中学受験塾の費用は、一般的な習い事より高額であることがお分かりいただけるかと思います。「高い」と思う人は、家庭で対応はできないか、本当に今始めたほうがよいのかなど熟慮してみてくださいね。

次ページでは、中学受験塾の高学年クラスにおける費用について紹介します。