金銭感覚が細かすぎる

満面の笑みの男性

「男女平等でワリカンでいいよね?3764円ちょうだい」間違ってはいないのですが、違和感を覚える人が多いはず。

1円単位までワリカンにしようとしてませんか?

男性が全オゴリでなくてはいけないという感覚の女性は減りましたが、さすがに1円単位でのワリカンは引かせてしまいます。金銭感覚の細かさが人間の小ささと結びついてしまうようです。

自分が尽くしていることを金額で言う

「お前のために●円使った」などと言ったことはありませんか?

愛情の深さはお金でははかれないものです。しかしすぐ「食事代がいくらでプレゼント代がいくらで……」と計算して、お金に換算してしまう人がいます。お金を愛情の尺度にしてしまう人は小さく見られてしまいます。

無自覚だったら今すぐ直そう

これらの「小さい男!」と思われるパターンは、本人は気づいていないことがほとんどです。それどころか、「オレかっこいい!」「見たか、バカめ!」など思っていることが多い始末。

これらの行動に思いあたりがあるなら、今すぐ直しましょう。一時的な優越感や子どもっぽい感情のために、長期的に見ると自分の評価を落としてしまうのですから。

【関連記事】
・鵜呑みにすると彼女がキレる3つの言葉
出会いを逃す!二度と会いたくないと思われるNG男
・残念!女に響かない男の自慢
・女性が興味を示さない6つの話題
・サバサバお仕事女子が恋愛で望むこと

【ガイドの最新情報】
・相沢あい on Twitter
・相沢あい on Facebook
・公式ブログ 相沢あいのeye!!




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。