自分が優位であるとアピールしたがる

アピールする男性

「格上認定」「格下認定」をする人は、結局自分が小物認定されてしまうことに気づきましょう。

学歴や家柄など、自分のほうが上だとアピールしていませんか?

会話の中で、相手を値踏みするような質問をして、自分より下だと認定した瞬間、横柄な態度を取ったり、上だと急に話題を変える人がいます。多くの人はそんなことにとらわれていないので、自分の小ささをアピールしてしまうことになります。

失敗を認めない

自分が悪いとわかっていても、絶対に認めようとしませんか?

そういう人は、自分の失敗を「あいつのせいで」「このときは仕方なくて」と、転嫁して素直に認めようとせず反省しないので、成長しません。その小ささは、上司からの評価をも下げてしまいます。

自分に甘いのに他人に厳しい

自分のことを棚に上げ、他人の失敗は鬼の首を取ったかのように責めていませんか?

自分のミスは許されて当然だと思っているのに、同じことを他人がやるとネチネチと責めるような人は、物事を平等に見ることができない人。寛容さに欠けるのもまた「小さい」と思われるパターンです。