繰上返済を行う際のチェックポイント

繰上返済は利息軽減のためには有効な手段。上手に活用して賢く返済!

繰上返済は利息軽減のためには有効な手段。上手に活用して賢く返済!

繰上返済とは、決められた毎回の返済額とは別に返済を行い、ローン残高を予定より早く減らしていくものです。前倒しして元金を減らしていくので、それに伴い支払う利息も減り、結果、総返済額が少なくなるというもの。余裕があれば、積極的に利用してほしい仕組みです。

まずは、自分が借入れしている住宅ローンの繰上返済のしかたを確認しておきましょう。チェックするポイントは次のような点です。これから借入れする人も、このような点を確認してくださいね。

・いくらから繰上返済できるのか?
フラット35は1回の繰上返済は100万円以上となっています。民間金融機関の住宅ローンは、1円以上、1万円以上、50万円以上など下限はさまざま。いくらから繰上返済できるのかを確認しておきましょう。また、所定の金額以上であっても、期間短縮型の場合には1ヶ月単位やボーナス月が変わらない月数を短縮できる金額であることが必要なこともあります。

・手数料はかかる?
繰上返済手数料を確認しておきましょう。例えば99万円と100万円では手数料が違うことも。手数料がかかるのであれば、少額の繰上返済では効率が悪いこともあります。また、ネットで手続きするか、窓口で手続きするかで手数料が違う場合もあります。

・繰上返済できる日
金融機関によって、毎日繰上返済ができる場合もあれば、毎月約定返済日に合わせて行う場合など、繰上返済できる日が異なります。繰上返済をする前に申込みが必要な場合もあります。