カラーリングのダメージを出来るだけ抑える方法

カラーリング

ダメージの強い薬剤を使ったカラーリングは、出来るだけプロに行ってもらう事。

ブリーチやヘアカラー(永久染毛剤)は髪と頭皮への負担が大きいので、ダメージを最低限に抑えるためにも出来るだけヘアサロンでプロに行ってもらうことをお勧めします。

またカラーリングした日は出来る限り頭皮や髪に刺激を与えないようにしてください。刺激の強い頭皮用アイテムやマッサージは避け、シャンプーも控えるとカラー持ちがよくなります。

ヘアマニキュア(半永久染毛剤)は髪へのダメージもほとんどなく、自宅でリーズナブルな価格で出来ますが、頭皮への負担が少しあるので行う場合は配慮が必要です。

ヘアマニキュアは素手で触ると爪や手に色がついてなかなか取れません。これは頭皮も同じ事。日々のシャンプーで徐々にきれいになりますが、頭皮に与える影響はゼロではありません。

そこで自宅でヘアマニキュアを行っていただく前日はシャンプーを控えて頂くと、皮脂が頭皮や毛穴に染剤が付着するの抑え頭皮を守ってくれます。

またカラーリング方法に関らず頭皮用エッセンスの使用やマッサージで頭皮環境を整えておく事は、頭皮の回復力を高めるので是非、日々の頭皮ケアを行ってください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。