開始3分くらいでしっかり目が覚める眠気覚まし方法

一人ではできませんが、古今東西をすると不思議と目がさえてきます。
私は車の運転をしないので、家族で出かけるときは主人一人の負担になります。「眠くなってきたー」と彼がいいだすと、私はすかさず「プで始まる言葉!」とお題を出してフォロー!
うちは子供がまだ小さく車に乗るとすぐ寝てしまうので、今のところ大人ふたりでやっています。

眠気防止には「もがつく食べ物」「Sで始まる英単語」など正誤判定がしやすく、中程度の難易度のお題がおすすめです。難しすぎるお題だとすぐにあきらめてしまいますし、簡単すぎると退屈で寝てしまいます。

夫婦二人とも負けず嫌いなので、自分の番で詰まるのがいやで必死に言葉を探します。そうすると開始3分くらいでしっかり目が覚めてきますね。眠気覚ましでやっているはずなのに家についてもしつこく続けていることもしばしば。辞書を引っぱり出して「まだこんなのがあった」と確認までしたりもします。ちょっとハマりすぎですね。

こうした言葉遊びは何の道具もいらずお金もかからず、すぐ始められるのでいい眠気覚ましですよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。