初心者向けの癖のないラバー

■特徴
裏ソフトラバーとは……スポンジの上に、ゴムシートの粒を裏面に、平らな面を表面(表面)に貼ったラバーのことです。

最も扱いやすく癖がないラバーで、基礎技術の修得に適しているため、初心者の方が最初に選ぶことが多く、また幅広いユーザー層に使われています。

裏ソフトラバーはさらに、スピード抜群の「高弾性・高摩擦系」、回転がかけやすい「粘着系」、弾性に優れる「テンション系」、安定性のある「コントロール系」があります。

■長所
  • ボールとの接地面が広いため、回転がかけやすい
  • ボールコントロールがしやすい
  • スピードも出る
  • 初心者も扱いやすい
  • 使用人口が多いため、商品のバラエティが豊富でリーズナブル
 
■短所
  • 回転がかかりやすいということは、逆に同じラバーを使う相手からの強い回転の打球に対応しなければならない
  • ナックルで返すのが難しい
  • しっかりレシーブの基礎を身につけないと多彩な攻撃に対応できない
     

有効なテクニック

裏ソフトラバーはその特徴から、様々な回転をかけたサーブやドライブを中心としたオールラウンドな卓球に有効です。

その他強烈な回転がかかったループやスピードドライブ、猛烈に切れたツッツキも有効です。

サービスは切れたサーブ中心に、攻撃には強烈な回転のかかった短く沈むループと高速パワードライブ、切れたツッツキのコンビネーションなどで試合を組み立てるのは、裏ソフトラバー使用のカットマンにプレッシャーを与えられる攻撃パターンの一つです。