球の回転とタイミングをつかむことがポイント

■フリック(レシーブ)とは
卓球で攻撃に転じる時に用いられる戦法のこと、返ってきた球を払う形で球を打ち返す事をフリックといいます。
つまり、相手の下回転サーブに対して、上回転をかけてレシーブ方法のことです。

■フリックのタイミング
返ってきた球がバウンドした際に「最も高いところに来た」時に打つのが最適なタイミングです。

これがなかなか難しく、練習が必要ですが「体を近づける」ように意識して打つことがコツです。

下回転のかかっている球に対してにそのまま何もせずにラケットを当てにいくと下に跳ね返ってしまいます。
相手が返してきた下回転の強さに合わせてラケットを上向きにすることで「レシーブ」することができるようになります。

コツは、手首をできる限り素早く返し、球の上の方をカットするイメージでラケットを当て、振った後はは小さめにしておきます。

■レシーブの基本

  1. 球の回転を見極める
  2. 球の回転にふさわしいレシーブをする

フリックレシーブはこの球の回転が下回転の場合に有効になるので、レシーブを強化して相手のペースとならないよう防ぐことも有効な戦法です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。