下回転サーブとは

ボールの下側面をこするように打つことで回転をかける方法です。


下回転サーブの基本的な打ち方

バックハンドの下回転サーブはシェークハンドの場合、グリップの方をやや下に向けて、グリップの先の方から球を切り込むようにすると安定したサーブが出せます。
球の下をこするように打つということを初心者では、はなかなかできないので球の斜め下を上から斜め下にこするように切り込むことで安定した下回転サーブを出すことができます。
ペン方式の場合、シェークハンドとは違い、グリップ部の方から切り込むのではなく斜め下に切り下ろすように(カットするイメージ)でインパクトします。


有効な練習方法

■練習方法1
上記の方法で↓回転サーブを打ち、ボールが常にまっすぐ自分の方に返ってくるようになれば1ステップクリアです。
この感覚をよく覚えておいてください。

■練習方法2
体重移動を意識します。
右利きの場合ですが、左足に重心移動しながら左足を軸にからだを回転させます。球は体の近くで打つようにすることがコツです。
ネットの高さより5センチから10センチくらいの高さでインパクトすることを意識してください。

あとは最後まで振り切ることが大事です。
サーブを打ったあとはレシーブをすることを忘れずに身体に覚えるくらい練習すれば下回転サーブを上手く出せるようになります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。