トリッキーな動きをする基本のサーブ

フォアハンド下回転サーブとは……ラケットを持つ手(利き手)側から放つ、下回転をともなうサーブのこと。


打ち方(右利きの場合)の手順

  1. ひざを軽く曲げて構えます。
  2. ひざを伸ばしながら、ボールを真っ直ぐ投げ上げます。
  3. バックスイングを開始します。右足に体重を移します。
  4. ボールに合わせ右足から左足に体重を移します。
  5. 体重を左足に乗せ、体の近くで鋭くインパクトします。
  6. ラケットを台の下に隠れるようにし、相手に回転を読まれないようにします。
     

コツ

強い下回転をかけるには、スイングスピードを速くし、しっかりとこすります。


有効な練習方法

フォアハンド下回転サーブは最も基本的なサーブですが、バックスピンがかかっているので、相手の陣地に球が落ちると、自分のほうに戻ってくるというトリッキーな動きをします。

そのため最初はボールのコントロールを身に付けるための練習が有効かと思われます。特に重要なのは手首の動きです。

ラケットに球が当たるまで、手首のスナップを利かせて弾みをつける練習をします。ボールを包むように底を切るイメージです。

まずバックスピンをかけられるようになること、次に狙ったところに打てるようになること、そしてネットぎりぎりに低めに打てるようになること、最後は体重移動で球速を増せるように、といった感じで練習していきます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。