「夏バテ」ってなに? その原因は?

i01

今年の猛暑もサロンで解消!

皆さん、すでに十分感じていると思いますが今年の夏は例年にない猛暑! これという原因がないのになんとなく体調が悪い、なんて感じているあなたは、もしかしたら「夏バテ」かもしれません。

「夏バテ」とは決まった症状や原因があるわけではなく、夏に起こる「なんとなく方だがだるい(体調が悪い)」「疲れが取れない」「熱っぽい」「立ちくらみ、めまいがする」「下痢や便秘をする」といった状態をいいます。

 
i02

せっかくのお休みでもゴロゴロしちゃう夏バテの原因は「代謝の異常」

この夏バテの原因を一言で言うなら「代謝の異常」ということができます。人間の体は体温を一定に保つため自律神経を働かせて、体温が上がろうとすると汗をかいて体表面の温度を下げ、体にたまった熱を排出しています。この体の機能が追いつかないほど体温が上がってしまうと、恐ろしい「熱中症」を引き起こしたりするんですね。この機能は体温と気温の差が激しいほど体に負担をかけることになり、特に上がろうとする体温を押さえる方が消耗が激しくなるといわれています。夏場にはこうした機能を忙しく働かせる必要があるために体力の消耗が激しくなり、体調不良を引き起こすのが「夏バテ」の原因です。


 
i03

この時期の室内外の温度差も夏バテの原因のひとつ

特に最近では冷房の聞いた室内と外気温の差が大きいため、この体温調節機能に大きな負担をかけています。これにより自律神経の働きに障害が出て、うまくコントロールできなくなる、いわゆる「冷房病」といわれる症状が出ることもあります。自律神経が乱れると頭痛、動悸、頻脈、腰痛、肩こり、手足の冷えやしびれなどが起こります。

加えて、冷房に慣れてしまった現代人に起こりがちなのが「発汗の異常」。夏場ではちょっとした作業をしても一日に2~3リットルの汗をかくといわれています。一日に出る尿の量を1.5リットル程度とすると、それに見合った水分を取らなければなりません。ところが普段から温度差の少ない環境に慣れすぎてしまうと、この発汗機能事態がうまく働かなくなっている場合があります。

 

i04

スッキリお目覚め、とは行かないのもこの時期の特徴

もうひとつ考えられる夏バテの原因は「睡眠不足」。熱帯夜などで夜になっても気温が下がらず、体温がうまく下がらないために寝つきが悪くなり、十分な体力を回復できずに朝を迎えてしまうと、ただでさえ体力が不足しがちな気候に対応できず、夏場バテに拍車をかけてしまうのです。

 

サロンでできる夏バテ回復法とは?

i05

ガイドとっておきのおススメメニューでこの夏を乗り切りましょう!

「自律神経の乱れ」「発汗機能の低下」「睡眠不足」によって引き起こされる夏バテ。そんな状態が続いた時に役立つのがサロンでの代謝促進メニュー! 血行を促し、体内の老廃物を排泄&体のずみずみまで必要な栄養を届けることは美容には欠かせない要素ですが、これがそのまま夏バテ回復にもつながるんです。

「血行促進なんて運動や入浴でもできるんじゃない?」たしかにそれも一理あります。が、疲れている時に積極的に運動したり、お風呂にゆっくり疲れる人はほんの一握り。

 
「もう少しで夏も終わりだから」なんて我慢していると、本格的な秋が始まる頃には肌トラブルや体重の増加を招いたり、なんてことにもなりかねません。そこで今回はほんの少しの間、寝たり座ったりしているだけで、体の中からホカホカできる凄いサロンばかり集めました。一度行くと病みつきになること間違いなしですよ!

おススメセレクトサロン&メニューはこちら!