中部イタリアは、どんなところ?

中部イタリアには、ブドウ畑やオリーブ畑が連なるのどかな田園風景が多い

中部イタリアには、ブドウ畑やオリーブ畑が連なるのどかな田園風景が多い

地中海に突き出たイタリア半島。南北に細長いイタリア半島は、主に北部、中部、南部と分類することができます。中部イタリアは、イタリア半島のほぼ真ん中に位置する首都ローマから北側、フィレンツェ、ボローニャ、ペルージャあたりを総称する呼び名です。

フィレンツェは、中部イタリアの中心を占めるトスカーナ州の州都でもあります。トスカーナ州は、その美しい田園風景でも知られたところ。幾重にも連なるなだらかな丘に糸杉が立ち並ぶ姿は、まるで絵画のような美しさです。トスカーナ州にはほかにも、「シエナ」「サン・ジミニャーノ」「ピエンツァ」「アレッツォ」「ピサ」など、中世の面影を残した可愛らしい小さな町々があります。

フィレンツェの北側に位置するボローニャは、エミリア・ロマーニャ州の州都。パルミッジャーノ・レッジャーノや生ハムの産地「パルマ」やバルサミコ酢の「モデナ」などがその周辺に点在しています。エトルリア時代に起源を持つ、ウンブリア州の州都「ペルージャ」や、小さな独立国家「サン・マリノ共和国」もこのエリアです。

ガイドブックなどによっては、ボローニャ以北を北部イタリアとしているケースもありますが、ここでは、トスカーナ州とエミリア・ロマーニャ州、ウンブリア州を中部イタリアとしています。

日本からフィレンツェ・ボローニャへのアクセス

拠点となる街から内陸部へはバスを利用した旅も便利

拠点となる街から内陸部へはバスを利用した旅も便利

このエリアの拠点となる街は、観光資源も豊富なフィレンツェでしょう。日本からの直行便はありませんが、新型列車「ユーロスター・アルタヴェロチタ」を利用すれば、直行便が入るローマから約1時間半、ミラノから最速1時間45分で行くことができます。ボローニャへは、ミラノから同様に1時間、フィレンツェから約30分です。

また、飛行機の場合は、ミラノ、ローマをはじめ、ヨーロッパの各都市から、フィレンツェ空港やボローニャ空港への便が飛んでいます。最近は、ヨーロッパ内を結ぶ格安航空会社も多く飛んで、以前よりアクセスしやすくなっています。