上半期【チーク部門】のトレンド傾向

2013年上半期は、グロッシィな血色リップやクリーミィな発色の良い赤系のリップが人気に。ピュア赤リップが主役に躍り出ると共に、チークは自然に上気した様なあまり主張しないタイプに注目が集まりました。

カラーとしては、ほのかな血色を感じるコーラルピンク、ナチュラルなオレンジ、強く浮かずになじむ薄づきのベージュ系がトレンドに。
合わせるハイライトも、真白ではなく、黄味やピンク味を感じる優しい立体感が出るタイプ。テラっとこない静かな“光”を含んだものが主流でした。
 

ほんのり色づく 血色チーク ベスト3

1位「ラヴーシュカ ハッピープレイングチーク BE-1」
ふんわりベージュが、ほのかな血色程度に淡く発色します。失敗がなく、普段使いに最適! 赤リップとの相性も◎です。
 

ラヴーシュカ ハッピープレイングチーク BE-1

ラヴーシュカ ハッピープレイングチーク BE-1


2位「メイベリン ニューヨーク デュアルカラー ブラッシュ 01コーラルピンク」
優しいコーラルピンクの色味が薄くふわっと広がるので、誰でもふんわりフェミニンフェイスに。細やかな粉でムラ付きしません。

メイベリン ニューヨーク デュアルカラー ブラッシュ 01

メイベリン ニューヨーク デュアルカラー ブラッシュ 01


3位「ルナソル カラーリング チークスN 02」
フレッシュでイキイキとしたライトコーラルで元気フェイスに。笑った時に、ツヤっと光を感じ自然な立体感をもたらしてくれます。

ルナソル カラーリング チークスN  02

ルナソル カラーリング チークスN 02


 

静かな“光”の立体感! ハイライト ベスト3

1位「コスメデコルテ AQMW シークレット グロウ BE301」
肌から浮かないベージュ系で、静かな光がハーフマットな肌とマッチします。カッティングの素晴らしい付属のブラシが適度な付きで優秀!

コスメデコルテ AQMW シークレット グロウ BE301

コスメデコルテ AQMW シークレット グロウ BE301


2位「スック フェイス カラー パレット EX-02」
シルキーなツヤが肌をイキイキと見せてくれます。目の下、Tゾーン、あご先などに入れて立体的に。肌全体にブラシでふわっとかけて、ほんのりツヤを楽しんでも。
(※EX-02は春夏限定商品のため、現在は販売を終了しております。) 

スック フェイス カラー パレット EX-02

スック フェイス カラー パレット EX-02


3位「ポール & ジョー ボーテ チーク カラー 10」
チークを入れた後、左のシェーディングをチークの下部分に入れるだけで骨格が締まり大人シャープな顔立ちに。ふんわりとフェイスライン全体にかけてもOK。
 

ポール & ジョー ボーテ チーク カラー 10

ポール & ジョー ボーテ チーク カラー 10


■DATA
「ラヴーシュカ ハッピープレイングチーク BE-1」
945円(編集部調べ) カネボウ化粧品

「メイベリン ニューヨーク デュアルカラー ブラッシュ 01コーラルピンク」
840円 メイベリン ニューヨーク

「ルナソル カラーリング チークスN 02」
2625円 カネボウ化粧品

「コスメデコルテ AQMW シークレット グロウ BE301」
6825円 コーセー

「スック フェイス カラー パレット EX-02」(掲示画像のカラーは販売終了)
7350円 カネボウ化粧品

「ポール & ジョー ボーテ チーク カラー 10」
セット価格3150円  ポール & ジョー ボーテ 
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。