マンションリフォームの時に多い疑問は、玄関ドアや窓サッシは交換できる?間仕切り壁は移動して間取りは変えられる?というものです。今回は、個人でできる範囲と注意点、驚くようなマンション管理規約が存在したケースもご紹介します。

マンションで個人がリフォームできる範囲を知っておこう

マンションは区分所有法という法律に沿って作られた管理規約と使用細則と言うものがあり、住人はそれを守る義務があります。

リフォームについてもここに書かれています。個人でできる範囲はマンションの専有部分、大まかに言えばコンクリートで囲まれた内側の居住部分です。

マンションで個人でリフォームできる範囲

マンションで個人でリフォームできる範囲を確認しておきましょう。


●専有部分とは
玄関の内側からサッシの内側までの居住部分が専有部分に当たります。簡単に言えば、マンションのコンクリートの壁・床・天井・柱の内側で、床下や天井裏、間仕切り壁も、個人でのリフォームが可能です。

●共用部分とは
コンクリートで作られた壁・床・天井・柱などマンションを支える構造部分や、共同で使用するエレベーターや廊下、パイプスペースなどです。個人でリフォームはできません。

マンションでも間仕切り壁は移動可能、ベランダやサッシ、玄関ドアはNG

古いマンションでも間取りも内装も設備も全て新しくできる(OfficeYuu)

古いマンションでも間取りも内装も設備も全て新しくできる(OfficeYuu

部屋と部屋とを仕切っている薄い間仕切り壁は移動可能です。古いマンションでも、間取りを変えて仕上げも全て新しくすれば、見違えるような空間になります。

ただし床の防音規定などの規約を守ること、また間仕切り壁であってもコンクリートでできている壁は移動できません。

 
マンションのベランダやサッシは共用部分と定められています。個人でリフォームはできませんが、居住者が専用に使用している場所なので専用使用部分と呼び、割れたガラスやカギの交換、網戸の張替えなどのメンテナンスは居住者が行ないます。

ガラスに関しては、平成16年にマンション標準管理規約が改正になり、防犯や断熱などの性能向上のための交換が認められるようになっています。まずは管理組合に相談してみましょう。 玄関ドアも専用使用部分なので個人ではリフォームできない範囲ですが、内側の塗装に関しては工事を認めているところもあります。

 

浴室のドア枠リフォーム禁止?驚くようなマンション規約の存在も

水回りは水漏れの問題も絡むため、ドア枠の工事禁止などの規約があったケースも。

水回りは水漏れの問題も絡むため、ドア枠の工事禁止などの規約があったケースも。

驚くようなマンション規約が存在するケースもあります。もちろんそれらが理に叶ったものならいいのですが、マンションの構造をあまり知らないまま改正してしまい、そのままになっていると言うケースです。

例えば浴室ドア枠の交換禁止、指定業者以外の出入り禁止、水廻りの位置の移動禁止(実際に工事が不可能な場合あり)、配管の交換の禁止などが、正当な理由なく決められていたマンションもありました。

原因を聞いてみると、昔リフォームの時の施工不良が原因で下階に水漏れ騒ぎがあったからとのこと。リフォーム禁止にしておけば大丈夫だろうということで定められたものでした。

リフォームの前にはまず規約をシッカリ確認し、また規約の改正を希望する場合には、マンションの理事会へ申し立て、議決権総数の4分の3以上の賛成があれば改正することができます。 下記にマンションリフォームを成功させる手順を、1.時期の見極め~2.できる・できない~3.見積もりの取り方~4.工事前の準備~5.完了時の注意点の5ステップでご紹介してますのでご覧下さい。 【関連記事】
Copyright(c)2015 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。