マンションのガス給湯器は、10年を過ぎたらそろそろ交換リフォームの時期です。まずはタイミングの見極め方、選び方、工事費用の目安、そして追い炊き付きにできる?など、マンションならではの疑問にもお答えします。

ガス給湯器の寿命は約10年、そろそろ交換リフォームの準備

シャワーヘッド

お湯はお風呂でもキッチンでも毎日使うもの。壊れる前にチェックしておきましょう。

マンションであれ一戸建てであれ、ガス給湯器の寿命はおおよそ10年~15年程度です。10年を過ぎたら、そろそろ交換リフォームの準備をしておきましょう。

実はガイドYuuは、以前住んでいたマンションで、10年を過ぎた頃に給湯器がいきなり故障して困ったことがあります。年末だったため工事に時間が掛かり、寒い日にお湯が使えない日が続きました。

お湯を使っている最中に急に冷たい水になったり熱いお湯になったりなど、給湯温度の調整の不調を感じるようになったら、そろそろ交換リフォームのサインです。故障してしまう前に、交換のタイミングを見極めておきましょう。

また今まではしなかった異音や水漏れを見つけたら、すぐに修理業者に連絡をしましょう。危険なだけでなく、故障してからではお湯が使えない日が続き不便です。一歩早めの交換を意識しておくのが、毎日を快適に暮らすポイントです。

 

給湯器の選び方で光熱費が大きく変わる、リモコンの機能もチェック

給湯器の性能は光熱費と直結しています。と言うのも、家庭内で消費されるエネルギーの中でも、お湯を沸かすために使うエネルギーの割合は大きく、選び方次第で光熱費が大きく変わるからです。マンションの場合、冷暖房費に目がいきがちですが、実はお湯を沸かすエネルギーを節約すると、光熱費の削減ができます。

最新の設備機器の進歩はめざましく、特にエコ性能は大幅に進化しています。古い設備を使い続けることが無駄遣いとなり、新型に交換リフォームしたほうが家計にオトクな場合もあります。

給湯器

高効率でお湯を沸かせるガス給湯器エコジョーズならガス代の節約ができる(リンナイ


特に最新型のガス給湯器はとてもエコ&高効率。例えば高効率でお湯を沸かせるエコジョーズに交換した場合、今までと同じだけのお湯を使っても、従来のものと比べて年間約16,500円のガス代の節約(※)になります。いったん交換したら10年以上は使う物ですから、省エネ度をよくチェックして選びましょう。(※リンナイ調べ)

リモコン

インターホン機能や省エネ度チェックもできるエネルックボタンがついたリモコン(ノーリツ


給湯器選びの際には、リモコンの機能にも注目しましょう。便利なのが、インターホン機能が付いているリモコンです。浴室内で気分が悪くなった時に連絡する非常用として、また石鹸やタオルを持ってきてもらう時に声が掛けやすいなど、便利に使えます。

マンションでは取り付けられる給湯器の形状やサイズが限られる

マンションの給湯器は、ベランダの壁や廊下のパイプスペース内に設置されていることが多く、設置できるサイズや形状が限られます。選ぶ際には、その物件のリフォームに慣れた会社を選び、現状の下見をしてもらい、おすすめの機種を選んでもらうようにすれば安心です。

給湯器の設置いち

左:PS標準設置形、右:PS前方排気延長形など、マンションの給湯器には様々なタイプがある(ノーリツ)


マンションでは取り付け可能な給湯器に上限がある

給湯器は号数で能力を表します。16号はプラス25度のお湯を毎分16リットル出せると言う意味で、数字が大きくなるほど、一度にたくさんのお湯を出すことができるようになります。

この号数が大きく影響するのが、浴室とキッチンの同時使用時です。冬にシャワーを出しながら、同時にキッチンでもタップリお湯を使いたい場合は20号以上あるといいのですが、マンションでは各戸に供給されているガス量に制限があるため、号数の上限が決められている場合があります。選ぶ前に必ず管理組合に確認しておきましょう。

大きさ選びの参考資料

選ぶ号数は家族の人数や生活スタイルをよく考えて(ノーリツ)


給湯器の交換費用の目安、追い炊き付きにしたい場合は規約を確認

給湯器の交換リフォーム費用の目安は、工事代金3万円~5万円+本体価格です。また、追い炊きのできないタイプから追い炊き付きに交換したい場合は、新たな追い炊き用パイプを浴槽まで繋げる必要があります。

しかし、この新たなパイプの穴を通す工事はマンションの構造によって、できる場合とできない場合があります。例えばコンクリートの壁に新たに穴を開けて貫通することはできませんが、スキマや穴があればそこを通すことが可能です。どちらにしてもまずは規約を確認し、わかりにくい場合は管理組合に相談してみましょう。

給湯器の故障はいきなりやってきます。あわてて選んでしまうと、後で困ってしまうこともあります。どの機種がいいか?選ぶ際のポイントを下記で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
マンションリフォームのトラブルを防ぐポイントは下記で詳しくお話ししています。

【関連記事】


Copyright(c)2017 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。