マンションリフォームの手順・流れを5ステップでご紹介します。最初はリフォームの時期の見極めから、そして見積もりの確認や準備、そして工事完了まで。5つのステップを順番にたどって、マンションリフォームを成功させましょう。

手順-その1
マンションリフォームの時期を見極める

お風呂のカビが酷くなってきたらそろそろ交換時期の目安。

お風呂のカビが酷くなってきたらそろそろ交換時期の目安。

マンションの所有者は、専有部分と呼ばれる居住部分を適切に管理、メンテナンスをする必要があります。また長く快適に暮らしていくためには、設備や建材を入れ替えて新しくするなどの定期的なリフォームが必要です。

リフォームのタイミングは、細かいメンテナンスは5年毎、機械の寿命は10年~15年、設備類は15年~20年で交換の検討をするのが基本です。しっかり時期を見極めていきましょう。

 

【5年毎に行ないたいマンションリフォーム】
 
  • 水栓金具やトイレのパッキン・フローなど、部品のメンテナンス
  • 網戸の張替え など
【10年~15年で行ないたいマンションリフォーム】
  • キッチンコンロの交換
  • ガス給湯器の交換
  • 換気扇の交換 (フィルター掃除・交換は定期的に)
  • サッシの戸車・クレセントの交換
  • 壁紙の張替え など
【15年~20年で行ないたいマンションリフォーム】
  • キッチンセットの交換
  • ユニットバスの交換
  • 洗面台の交換
  • 便器の交換
  • 電気温水器の交換
  • 床の張替え
  • 生活スタイルに伴う間取り変更 など

ここがポイント!
大規模修繕の時期と内容を確認

大規模修繕の時期を確認してからリフォームすることも大切。

大規模修繕の時期を確認してからリフォームすることも大切。

注意したいのが、共用部分をリフォームする大規模修繕の時期です。大規模修繕でサッシの交換工事や配管の更新など、専有部分での工事が必要になることもあります。

また共用部分のリフォームと、個人のリフォームの時期が重なると、材料の搬入や駐車場の確保の問題でトラブルになることもあります。専有部分のリフォーム計画を立てる際は、大規模修繕の時期と内容をよく確認することを忘れずに。

 

手順-その2
マンションリフォームでできること・できないことを確認する

個人がリフォームできる範囲をよく確認しておくこと。

個人がリフォームできる範囲をよく確認しておくこと。

マンションでは、個人がリフォームできる範囲は専有部分に限り、共用部分は個人ではリフォームすることはできません。

マンションリフォームはマンション管理規約にのっとって行うことが必要です。専有部分だからといって、何でも勝手にできるわけではありません。

専有部分とは分かりやすく言えば、壁・床・天井・サッシの内側部分です。玄関ドアやサッシ、ベランダ、パイプスペースは専用に使用はできても、持ち分は共用部分に属するので、勝手にリフォームすることはできません。

また間仕切壁がコンクリートでできている壁構造のマンションは、その壁に穴を空けたり移動したりすることはできません。水まわりの移動は、現在の配管状況や床の高さによって変わりますので、マンションリフォームの経験が豊富なリフォーム業者によく相談しましょう。

マンションリフォームの約束ごとはマンションごとに少しずつ異なります。リフォームの計画前に、マンション管理規約や使用細則をシッカリ確認しましょう。

 

ここがポイント!
サッシのガラス交換ができるように

マンションのサッシは、専有に使用はしていますが、共用部分であり、個人では勝手にリフォームできない部分とされています。しかし、窓ガラスに関しては、平成16年にマンション標準管理規約が改正になり、防犯や断熱などの性能向上のためのガラス交換が認められるようになっています。ガラス交換の希望がある場合は、まずは管理組合に相談してみましょう。

次のページで残りの3ステップ、見積りの取り方、マンションならではのリフォーム前準備をする~工事完了時の注意点をご紹介します。