オシャレのつもりが重大なマナー違反になる場合も

undefined

 

プロの試合の時は、応援している選手のプレーを見守り、選手が移動する時はついて回ることもあります。相当な長距離を歩くことになるので、歩きやすいスニーカーやはき慣れたゴルフシューズの着用をおすすめします。

ただし、スパイクシューズの場合、床を痛めることもあり、乗り物の中などでは脱ぐよう注意されることもあるので気をつけましょう。

また、服装の「音」対策も意外と重要です。風や雨対策のために、ナイロン素材などのアウトドア用のアウターなどを着ている人もいますが、腕をちょっと動かしただけでカサカサ、ゴソゴソと音が立ってしまうものはマナー違反です。ゴルフ場のスタッフに注意をされることもあるので、音のしない素材のアウターを着るようにして下さい。

女性の場合、たまにヒールの高いオシャレなサンダルやブーツを履いている人もいますが、それもNG。グリーンに傷を付けたり、穴を開けたりしてしまうので、履き替えのシューズを持っていくようにしてください。

また、パールやチェーンなどのネックレスの重ね付け、金属などのブレスの重ね付け、チャームがたくさんぶら下がったブレスレットなど、がちゃがちゃ音を立てるアクセサリーもNGです。アクセサリーはプチジュエリーなど控えめなものにしましょう。

ギャラリーが多い試合の時は、キツい香水も周囲の人に不愉快な思いをさせてしまいます。強烈な香水の匂いは、気分が悪くなってしまうので、控えるようにしましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。