牛すじを下処理することで、すっきりした味わいのスープに

 

 

コンソメベースのトマトスープが牛すじにしみて、とても美味しいです。

牛すじを下処理して一晩冷蔵庫で冷やして、脂を取り除くと、アクも一緒に取り除けるので、澄んだきれいなスープができます。脂っこさもなくなるので、ぜひこの手順は加えてください。

下処理後のスープはコラーゲンたっぷりなので、全部食べたくてスープにしました。

材料

  • 牛すじ 200g
  • 酒 100cc
  • しょうが 1片(スライスする)
  • ねぎの青いところ 1本分
  • マギーブイヨン 2個
  • カットトマト缶 2分の1(約200g)
  • たまねぎ 1個(5mm幅くらいにスライス)
  • セロリ 1本(1cm角くらいに切る)
  • 塩 小さじ2分の1
  • 砂糖 小さじ2
  • 胡椒 少々

作り方

■牛すじの下処理をする
  1. 牛すじを鍋に入れ、分量外の酒を少量ふりかけてほぐし、ひたひたの水を入れて強火にかける。
  2. 沸騰して、鍋が吹きこぼれないように火加減をしながら約10分煮る。
  3. 2をザルにとり、流水でよく洗う。
  4. 3をきれいな鍋に入れ、酒としょうが、ねぎの青いところを入れ、ひたひたに水を入れ、約1~2時間弱火で煮る(途中、水が減れば、水を加える)。
  5. 4を一晩冷蔵庫に入れて冷やす。
  6. 冷蔵庫から取り出し、白くなった脂を取り除く。
■スープを作る
  1. 下処理のすんだ牛すじを一口大に切る。
  2. 1の牛すじを取り上げた後のスープを計量し、300cc(足りなければ、水を足す)用意し、鍋に入れ、1の牛すじとすべての材料(マギーブイヨン、カットトマト缶、たまねぎ、セロリ、塩、砂糖)を入れ、中火にかける。
  3. 約20分煮て、胡椒で味を整えてでき上がり。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。