アジなどの青魚でも美味しい「さんが焼き」。「なめろう」も絶品!

 

 イワシのさんが焼き

 

 なめろう

千葉県房総の郷土料理でもある「さんが焼き」はとても美味しく簡単に出来ます。焼く前の状態は、「なめろう」といい、これまた絶品です。

材料(2~4人分)

  • 真いわし(刺身用・三枚におろした物) 5尾
  • 青じそ 10~12枚
  • 長ねぎ 1/2本
  • しょうが 2cmくらい
  • 味噌 大さじ1
  • 酒 少々
  • しょうゆ 少々
  • ごま油 適量

下準備

  • 真いわしは尻尾の方から皮をはいでおく
  • 青じそ4枚と、長ねぎはみじん切りにしておく
  • しょうがはすり下ろしておく

作り方

  1. まな板の上で、真いわしをぶつ切りにしてから、包丁でたたきながら細かくする
  2. だいたい細かくなったところへ、青じそ・長ねぎ・しょうが・みそを加え、再び包丁でたたき混ぜながら粘りが出るまで細かくする。途中、包丁の腹で返しながら混ぜ、たたく
  3. 粘りが出たら、酒・醤油を入れ、味をよくなじませる(味見をしてお好みの感じに仕上げて下さい) 【※ここまでが、「なめろう」の作り方です】
  4. なめろうをまな板の上で、4等分に分け、包丁の腹で返しながら丸くして形を整え、青じそを貼り付ける
  5. フライパンにごま油を適量入れ熱し、4.を並べ入れ両面焼きで出来上がり。

既に味が付いているので、このまま頂きます。他にも、アジなどの青魚でも美味しいです。

なめろうとは、皿までなめたいぐらい美味しいという意味ですが、確かに作っている途中で味見が止まらない感じです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。