高速転送が可能な「Mac対応外付けHDD 3TB」

パソコンのHDD容量が一杯になったとき、便利なのが外付けのHDDです。この、「Mac対応外付けHDD 3TB」のおすすめの理由は、3TBという大容量、USB3.0対応なので高速データ転送が可能なこと、ワンタッチの自動バックアップボタン付きなどです。

3TBという大容量

3TBというのはギガで直すと3072GBとなるわけですが、この容量がどれくらい凄いかご存じでしょうか。一般的なDVD―Rの一層式の容量が4.7GB、二層式なら8.5GBとなっているので、3TBはDVD―Rの一層式では653枚分、二層式なら361枚分となります。また、ブルーレイディスクなら、片面一層が25GBで122枚分、片面二層が50GBで61枚分となります。

実際、3TBをフルに使うような事態はブルーレイの動画をパソコンに取り組むぐらいしかないわけですが、容量は多ければ多いほど役立ちます。

USB3.0対応なので高速データ転送が可能

Mac対応外付けHDD 3TBは最新の次世代規格USB3.0に対応しているので高速でのデータ転送が可能です。もちろん、下位の2.0にも対応しています。パフォーマンスは、USB3.0で最大5Gb/秒となっていますので、すぐにデータ転送が完了します。

ワンタッチの自動バックアップボタン付き

もう一つ、見逃せない機能として、Mac対応外付けHDD 3TBにはワンタッチで自動バックアップボタンが付いています。パソコンのデータのバックアップを毎日取るのはかなりの作業ですが、いざというときになくてはならないものです。それがボタン一つで自動バックアップしてくれるので、作業効率を格段にアップさせてくれます。

■Mac対応外付けHDD 3TB
公式サイト:http://mac-supply.jp/products/detail.php?product_id=3147



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。