2008年1月16日のセンセーショナルなデビューから、いまだに色あせない魅力を持ったMacBook Air。メモリの多さやプロセッサの性能だけでは語れない魅力が詰まったモデルです。

最新のモデルは、2009年6月9日にアップデートされ、CPU、メモリが高速になり、NVIDIA GeForce 9400M統合型グラフィックスを搭載したことにより、2008年1月16日の初期型MacBook Airと比べれば4倍以上のパフォーマンスを実現しています。

ここでは1.86GHzのプロセッサを搭載したSSD搭載のモデルの前バージョン(MB940J/A)を中心にレビューします。

なお、最新型は1.86GHz (MC233J/A)と2.13GHz (MC234J/A)となり、最上位機種でプロセッサの性能が上がっています。

購入前に知っておきたいこと

MacBook Airは、光学ドライブを内蔵していないので単独でDVDやCDを使うには、別売りのMacBook Air SuperDriveが必要になります。リモートディスク機能によって、別のMacまたはWindows PC経由でDVDまたはCDを使用することもできます※。
※リモートディスク機能はは映画DVDなどの再生には非対応、Windows Vistaなどをインストールする場合も使えません

魅力1:エッジの効いた、鋭いデザイン

MacBook Airは写真で見ると、薄いこと以外、他のMacBookと比べてそれほど違いはないように見えますが、エッジの効いたデザインは「鋭い!」のひとこと、筐体が薄いため、キーボードに手を置いても机との段差が少なく、自然な感じで作業できます。

コンパクトな筐体は、ネットを見たり、文章を書くのに最適な感じで、1280×800のディスプレイは視野角も広く、品質も上々です。なにより、筐体に触れている感じがとても心地よく、Macならではのソフトウェアとバックライト付きキーボード、マルチタッチ対応のトラックパッドは「このMacは手放せない」という気持ちを膨らませてくれます。
薄いため、キーボードと机の段差が少なく、突起物のない背面は膝の上に乗せやすい

薄いため、キーボードと机の段差が少なく、突起物のない背面は膝の上に乗せやすい(クリックで拡大表示)

 

システム環境設定のトラックパッド。MacBook Airも4本指の操作に対応しています

システム環境設定のトラックパッド。他のMacBookモデル同様、MacBook Airも4本指の操作でエクスポゼや、アプリケーションの切り替えが可能です(クリックで拡大)


魅力2:膝上でも安定する薄くて頑丈な筐体

ノートブックで重要なのは携帯性です。屋外やミーティングルームへの移動はもちろん、時には机のない場所で作業しなければなりません。

MacBook Airなら、薄くて軽い筐体でありながら、片手で持ってもしなりを感じないほど剛性がたかく、背面に突起物がいっさいなくフラットであるため、膝上に置いてもやさしく安定します。この「薄くて頑丈」な感じが、MacBook Airの大きな魅力でしょう。

128GBのSSD(ソリッドステートドライブ)搭載モデルなら、壊れやすいハードディスクを内蔵していませんから、振動にも強く、多少手荒に扱っても壊れにくくなっています。
左側は膝の上に乗せたとき、右側は片手で持ったとき。いずれもしっかりした剛性で、しなりなどは感じません

左側は膝の上に乗せたとき、右側は片手で持ったとき。いずれもしっかりした剛性で、しなりなどは感じません(クリックで拡大表示)