夏休みの人気渡航先・ハワイはオーガニックコスメの宝庫

undefined

ハワイで買うべきマストバイコスメは?

待ちに待った夏休みシーズン! 長めの休暇を取って、海外に行かれる方も多いのでは? そこで今回は、今年も人気の渡航先であるハワイで買いたい、注目のコスメブランド3つをご紹介します。

豊かな自然に恵まれたハワイには、天然素材を使ったオーガニックコスメがいっぱい。大自然のパワーに癒されながら、“Made in Hawaii”のご当地コスメでキレイになりましょう!

 

マリエ・オーガニクス

undefined

ボディクリーム(左)やパフューム(右)はお土産にも

日本のモデルやタレントにも愛用者の多い「Malie Organics(マリエ・オーガニクス)」は、ハワイのカウアイ島で生まれたラグジュアリーなスパ製品ブランド。独自の蒸留法で抽出されたハワイ生まれの植物のエキスが贅沢に使われています。

ハワイを代表する花「プルメリア」や、「オーキッド」「ピカケ(ジャスミン)」「マンゴーネクター」など、南国らしい花々や果実の甘くエキゾチックな香りに、思わずうっとり。心身ともに癒されます。

ソイキャンドルやリードディフューザーといったホームフレグランス製品は、上質な香りが長続きするのが特徴。ネイルオイルとしても使えるロールオンタイプのパフュームや、さらっとみずみずしい感触のボディクリームも人気のアイテムです。

「マリエ・オーガニクス」のブティックは、“ピンク・パレス”と呼ばれるワイキキの名門ホテル「ロイヤル・ハワイアン」内にあります。心地良い香りに包まれる空間に、ぜひ足を運んでみて。

ハニーガール・オーガニクス

undefined

コクのあるクリームはどれもおすすめ

「Honey Girl Organics(ハニーガール・オーガニクス)」は、ミツバチ由来の原料を使ったオーガニックコスメブランド。ハチミツ、ミツロウ、ポーレン(花粉)、ローヤルゼリー、プロポリスといった抗酸化・抗炎症効果の高い原料は、オアフ島ノースショアの森林地帯にあるオーガニック管理された養蜂場で採取されているそう。さらに、肌へ浸透しやすいオーガニック・エクトラバージンオリーブオイルと組み合わせることで、高い保湿力を実現しています。

フェイスケアからヘアケア、ボディケアまで幅広いアイテムが揃いますが、おすすめはリッチな感触のフェイス&アイ・クリーム。ハワイで強い紫外線や乾いた風にさらされた肌をケアするのにもうってつけです。

「ハニーガール・オーガニクス」のアイテムはワイキキエリアのABCストアなどでも取り扱いがありますが、品揃えが豊富なのはアラモアナセンター内のセレクトショップ「Blue Hawaii Lifestyle」。実際に商品を試しながら、じっくり選ぶことができます。

ラニカイ・バス&ボディ

undefined

見た目も使用感も楽しい、カラフルなヘチマ入りソープ

全米ベストビーチに選ばれたラニカイ・ビーチからも程近い「カイルア・ショッピングセンター」内にあるのが、「Lanikai Bath and Body(ラニカイ・バス&ボディ)」のショップ。100%ハワイ生まれの自然素材を使って一つ一つ手作りされたコスメが、所狭しと並んでいます。

数あるアイテムの中でもガイドが心奪われたのは、カラフルな石けん! 輪切りにしたフルーツのようにも見えますが、実はヘチマが丸ごと練り込まれているのです。泡立てて体をなでるように洗えば、ヘチマが古い角質をやさしく取り去ってくれます。ハワイ産のマカダミアナッツオイルが配合されているので、洗い上がりもしっとり。

「マンゴー」「パイナップル」「ピカケ」「プルメリア」「タヒチニアンガーデニア」などの種類があり、どれも香り豊かで色鮮やかなので、並べて飾っておいても可愛いのです。お土産にもぴったりですね。

この夏、ハワイに行かれる予定の皆さん! 気になるコスメがあったら、ぜひチェックしてみて下さいね。

※記事中の商品や店舗の情報は記事作成時(2013年7月)のものです。最新の情報は各ブランドの公式サイトなどでご確認下さい。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。