世紀の絶景! 銅峡谷のど真ん中にあるディビサデロ

raramuri

険しい峡谷の上で民芸品を売るタラウマラの少女

チワワ太平洋鉄道で、絶対にはずせないポイントが、アメリカのグランドキャニオンの4倍といわれる銅峡谷(Barrancas del cobre=バランカス・デル・コブレ)の中心部にあり、海抜2400メートルに位置する駅、ディビサデロ(Divisadero)です。駅のホームから銅峡谷を一望できるため、列車も15分停車して、乗客がホームに降り、その絶景を眺めることができるように配慮されています。

しかし、ここは、その風景をゆっくり堪能するためにも、泊まりがけで訪れたいスポット。ディビサデロには峡谷を生かした、アドベンチャー・パークもあります。

ちなみに、ディビサデロ(Divisadero)駅と隣のポサダ・バランカス(Posada Barrancas)駅にホテルがありますが、その駅間はおよそ4kmと至近距離なので、どちらを拠点にしてもよいでしょう。

先住民族タラウマラ(ララムリ)の居住区であり、こんな険しい場所にも人々が暮らしているのかと驚かされます。

タラウマラ(ララムリ)についてはこちら>>>メキシコ・チワワの山脈に暮らす先住民族タラウマラ 
チワワ太平洋鉄道の概要や、おすすめスポットを案内しています>>>メキシコ北部の大自然を満喫!チワワ太平洋鉄道の旅チワワ太平洋鉄道のコロニアル都市、エル・フエルテ先住民文化と自然を堪能する観光地、クリール
チワワ太平洋鉄道ルートの宿泊先はこちら>>>チワワ太平洋鉄道ルートのホテル



銅峡谷とは?

bar2

見ているだけで吸い込まれそうな風景

チワワ州のシェラ・タラウマラ(正式名称はシェラ・マドレ・オクシデンタル)という海抜1500~2400メートルの山脈にある6つの峡谷(ウリケ、シンフォロサ、バトピラス、カンダメーニャ、チニパス、オテロス)からなる地帯の名称で、かつて銅が採掘されたため、銅峡谷と呼ばれています。その深さは1300メートルで、ウリケ峡谷の最も深いところでは1890メートルにおよぶとか。ひとつひとつの峡谷はアメリカのグランドキャニオンより小さいのですが、全体でおよそ6万平方キロメートル。グランドキャニオンの約4倍もの大きさにになります。

おすすめのアクティビティ

piedrav

名物ピエドラ・ボラーダという動く石。危険なので真似しないように!

teri

ロープウェイで峡谷の奥地へいける

銅峡谷は国立公園になっていて、旅行者でも散策しやすい遊歩道が整備されており、歩きながら峡谷の絶景が楽しめます。遊歩道のいたるところに、展望台があります。また、乗馬ツアーも行われています。

 
sectchihuahua

ロッククライミングやジップラインもできる(C)Secretaria de Turismo Chihuahua

ディビサデロ駅から徒歩15分ほどの銅峡谷アドベンチャー・パーク(パルケ・デ・アベントゥラ・バランカス・デル・コブレ=Parque de aventura Barrancas del cobre)では、ロープウェイ(往復250メキシコペソ)や、ジップライン(600メキシコペソ)、ロッククライミング(450メキシコペソ)、イベントが開催される野外ステージ、峡谷を一望できるレストランがあります。

観光客の訪れるスポットには、先住民族タラウマラの人々の民芸品販売の露店がたくさん出ています。

取材協力:TRANS ORBIT USA
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。