nikita

(左から)ユリア、ダーシャ、ナナ

今回、キエフを再度訪れて、しつこく二度目のインタヴューを試みたのは、NikitA(または、ДАША АСТАФЬЕВА & NikitA)。ミュージック・ビデオに現れるダーシャ、ナナ、ユリアの三人はちょっと近寄りがたくも感じられるセクシー美人なのですが、お話を始めると、とっても気さくでかわいい女性。「ウクライナにはどうして美女が多いのか?」というのは、僕の研究論文テーマでもあるのですが(いったいどこで発表したらいいのだろう?)、やはり美女に関する疑問は美女に訊け(!)と質問を投げつけてみました。

 

黒いドレスのチラリズム

ガイド:
昨年の7月に、あなたたちにインタヴューしましたね。再度、みんなに会う機会が出来て、嬉しいです。

全員:

ありがとう!

ガイド:
nikita

(左から)ユリア、ダーシャ、ナナ

新しいクリップ「 СИНЕЕ ПЛАТЬЕ(シニエ・プラチエ)」を見せてもらいました。これは、「青いドレス」という意味ですよね。

СИНЕЕ ПЛАТЬЕ(YouTube)

 

全員:
ダー(その通り)!

ガイド:
でも、みんな、クリップでは、黒いドレスを着ていますよね。どうして?

ユリア:
それは秘密のようなもの。

ダーシャ:
人生の全ての事には、二面性があるのよ。

ガイド:
なるほど。意図的に青色を隠したのですね。サウンドはとてもアップビートで、ビデオはチラチラしています。日本語ではチラリズムと言います。瞬間のエロチシズムとでも言いましょうか? これは何かからインスパイアされたのですか?

ダーシャ:
これは私たちにとっても新しい経験だったわ。アレキサンダー・シャピロという新しい監督によってディレクションがなされたの。彼はとても才能があって、クリエイティブ。彼の作品を見たら、彼はとてもアンダーグラウンドで、アートに対する見識を持っている。私たちのパフォーマンスとアートの新しい部分よ。

ナナ:
これは、私たちが起きた朝についての物語。何処にいるのか分からなかった。私たちは、人々はとてもイカれていて、みんな好きな事をしている別世界にいるの。

ユリア:

私たちの周りには6台のカメラがあって、どのカメラが撮影しているかは分からなかった。私たちはただ楽しんで、カメラはただ重要なシーンを捉えたの。

ダーシャ:

私たちは、パーティーのゲストとして呼ばれたの。

ナナ:
私たちは何も計画を知らされず、即興だったの。

全員:

素晴らしかったわ。

ガイド:
あなたたちのプロデューサーでもあるユリィ・ニキティンの誕生日へのサプライズ・プレゼントだったと読みましたが。だから、秘密にされたのですよね。彼の反応はどうでしたか?

ダーシャ:

私たちのように誰もユリィの事を分かっていないから、静かな反応だったの。彼は、私たちの友だち、父親、そして母親(笑)……彼は私たちの事が分かっているし。ちょっとしたお楽しみだったの。